一体どうなるんだ…(英)マツダ「CX-3」が販売終了へ。在庫処分優先で新規オーダーは一時的に受け付けない模様。新型はいつ登場する?

~徐々に淘汰されているコンパクトクロスオーバー「CX-3」~

先日アメリカ市場において、マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-3」が、2020年モデルでは”Touring/Grand Touring”の2グレードを廃止し、Sportグレードのみをラインナップすることを決定したばかりですが、イギリス市場においては「CX-3」を販売終了していたことが明らかとなりました。

新型コンパクトクロスオーバーモデル「CX-30」が発売スタートして以降、しばらく伸び悩んでいた「CX-3」ですが、Autocarによるとイギリスのマツダ公式ホームページから削除されているとのことで、しかしマツダ欧州に問い合わせたところ、どうして「CX-3」がラインナップから排除されたかについてはコメントが無かったとのこと。

おそらくではありますが、イギリスの各ディーラに配備されている在庫モデルを一掃することを目的に、一時的に販売リストから排除することも目的に含まれていると思いますが(一時的にオーダーを受け付けていない?)、その一方で2020年~2021年頃にフルモデルチェンジ版・新型「CX-3」が登場するとの噂もあるため、現行モデルを早めに販売終了した?との情報もあります。

スポンサーリンク

~ちなみに新型「CX-3」はどんなデザインになる?~

なお自動車ニュースサイトResponseの情報によると、次期「CX-3」ではマツダの次世代プラットフォームとなるSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECUTRE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ)を採用することで、そのボディスタイルが更にクーペ風のスポーツ仕様になりそうとのこと。

近年トレンドになっているポルシェ「マカン・クーペ/カイエン・クーペ」やトヨタ「C-HR」、レクサス「UX」といったクーペ風SUV(クロスオーバー)だとは思うのですが、次期「CX-3」もそれにあやかるような形で変化すると予想されるも、既に中国市場にて市販化されている新型「CX-4」とほぼ変わらないレベルになるのではないか?とも考えられますね。

予想されるパワートレインとしては、排気量2.0L 直列4気筒エンジン+マイルドハイブリッドを組合わせたSKYACTIV-Xと、排気量2.5L 直列4気筒エンジンを搭載するSKYACTIV-G 2.5、そして排気量1.8L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載するSKYACTIV-D 1.8と予想されています。

☆★☆「CX-3」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう