これは完成度高い。東京オートサロン2017にてレクサス顔のトヨタ「スープラ」が登場

先日開催された東京オートサロン2017にて、レクサス風のトヨタ「スープラ」が登場。
この個体は、トヨタ東京自動車大学校の学生がカスタマイズしたもので、フロンマスクは完全にレクサスの特徴を掴んでおり、非常に完成度が高いものになっています。

スポンサーリンク

まず、フロントマスクにおいてですが、レクサスを象徴するスピンドルグリルが移植されており、このワイドなスピンドルグリルとフロントフォグランプが付いていないエアインテークの形状を見るからにクーペタイプ「RC F」のデザインをモチーフにしたものと考えられますね。
またライトにおいては、こちらもレクサスの10系「IS」のヘッドライトを移植していると考えられます。

また、ボンネットはFRP製のもので非常にインパクトあるものとなっていますが、こちらも恐らくレクサスの「RC F Carbon Exterior Package」をイメージしていると思いますね。

ボディカラーにおいては、マットイエローのラッピング施工がされており、ルーフをマットブラックのラッピング施工、更にはブラックカラーの大型リアウィングを装着することで、ツートンのより引き締まったラインを演出。
リアライト等の形状は「スープラ」そのままですね。

なお、パワートレインにおいては、スープラ仕様の排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力280ps、最大トルク431Nmを発揮しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう