ランボルギーニ「ウラカンEvo RWD」が発表前に完全リーク。後輪駆動モデルならではのマイルドな表情に、車体重量も60kg近く軽量化?

~早くも「ウラカンEvo RWD」のフロントマスクが発表前にリーク~

ランボルギーニのエントリーモデルとなる「ウラカン」のフェイスリフト版「ウラカンEvo」の廉価版且つ後輪駆動モデルと考えられる「ウラカンEvo RWD(Lamborghini Huraca Evo RWD)」が完全リークしています。

「ウラカン」といえば、既に四輪駆動モデルとなる「ウラカンLP610-4(スパイダー)」と後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2 RWD(スパイダー)」がラインナップされ、特に後輪駆動モデルは馬力や価格帯が抑えられた廉価版として高い人気を得ています。

改めて後輪駆動モデルのリーク画像を見ていくと、「ウラカンEvo」に比べて大きく変化しているのは、フロントインテークのフレーム形状ぐらいでしょうか。
どことなく「ガヤルド」の最後期型に近い顔つきに変化していますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~エンジンや価格帯も抑えられ、後輪駆動モデルならではの過激な走りも充実~

こちらが四輪駆動モデルの「ウラカンEvo」。
Y字形状のフロントインテークが採用されていますが、後輪駆動モデルではよりシンプルな形状に変更され、しかし「ウラカンLP580-2 RWD」に比べて更にシャープな顔つきに変化していますね。

エンジンスペックについてはまだ明らかにされていませんが、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンは特に変わらず、「ウラカンEvo」に比べて最高出力640ps→610psに抑えられる可能性があり、車体重量も1,422kg→1,361kg近くへと軽量化される可能性が高いとのこと。
インテリアなどの変更は特にないかと思われますが、これまでの流れを考えると、四輪駆動モデルでは無償にて選択できたボディカラーが有償だったりする可能性は十分に高そうですね。

☆★☆「ウラカン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう