海外メディアがフルモデルチェンジ版・日産の新型「ジューク」を早速インプレッション&試乗!内外装の質感は最高、ただし1リッターエンジンのパワーと走りは最悪だ…【動画有】

~前評判の高かった新型「ジューク」だが、辛口ジャーナリストによる評価は?~

毎回何かと辛口且つユニークなコメントで視聴者を魅了するcarwowが、日産のフルモデルチェンジ版・新型「ジューク(Nissan Juke)」のインプレッション動画を公開しています。

2019年に海外専売モデル(今のところ日本での販売予定は無し)として発表された新型コンパクトクロスオーバー「ジューク」ですが、競合モデルとしてフォルクスワーゲン新型「T-Cross」やプジョー新型「2008」、ルノー新型「キャプチャー」等が挙げられているものの、carwowジャーナリスト曰く、これらのモデルに太刀打ちできるだけのスペックはまだまだ持ち合わせいないだろうとのこと。

スポンサーリンク

~デザイン性においてはcarwowも高く評価しているようだ~

ただ、外観としてはこれまで酷評されてきたデザインから大きく一新し、国産車らしくない欧州車チックなデザインへと大幅改良されたことで、より購買意欲を掻き立てるようなものに仕上がったのではないか?とのことですが、このあたりはまだまだ日産が追究できていないポイントでもあるため(要は日産本来の魅力がまだまだ引き出せていない)、この点についてもまだまだ改良の余地はあるのこと。

それでも先代モデルがあまりにも評価が低かっただけに、今回のフルモデルチェンジでは想像以上の変貌を遂げたため、先代に比べて申し分ないレベルにカッコ良いことは確かだそう。
アグレッシブ且つ高級感を持たせた釣り目タイプのLEDデイタイムランニングライトや、Y字デザインのフロントヘッドライト等、このあたりの個性はうまく引き出せているとのこと。

~実用性というファクタを抜きにすれば質感は上々~

続いてインテリアですが、パッと見た感じかなりタイトな印象を受けるインテリアですが、質感は大幅に向上していますね。

それにしても質感高いなぁ…先代に比べてスポーティ且つ高級感を加味した合成皮革シートは、少しカタめながらもホールド感はしっかりしているとのことで、座り心地としては評価は高そう。
オプションではありますが、ヘッドレストにBOSE製スピーカーを搭載することでより迫力のある音質を提供するところはグッド。

運転席のインフォテイメントシステムはこんな感じ。
加速度や速度メータはアナログですが、センターのTFTマルチカラーディスプレイを追加することで先進性が大幅にアップ。
標識認識機能も確認できますね。

そしてこちらは後席インプレッション。
コンパクトクロスオーバーモデルということもあって、あまり実用的ではない広さではありますが、大人二人は何とか座れる感じですね。

ただし大人3人になると窮屈。
子供用もしくは小柄な女性用の後席と考えた方が良さそうです。

~一番肝心な試乗インプレッションはどうだ?~

そして最後は新型「ジューク」の試乗インプレッション。
パワートレインについては、排気量1.0L 直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力117hpを発揮。
トランスミッションは6速MT/7速DCTの何れかから選択が可能となっていますが、今回の試乗モデルは前者の6速MT。

短評としては、これだけの内外装の質感を高めてきているのに、走行中の振動が顕著に表れ、走りの質感としてはまだまだ競合モデルに追いつかないレベルだそう。
元々辛口のジャーナリストでもあるため、そこまで高く評価することもないのですが、内外装でそれなりに高く評価しているのは驚きでした。

欧州市場での価格帯としては、約223万円~約308万円と中々に攻め込んできた価格設定ではありますが、その分質感をアップしてきていることを考えると、”価格アップせざるを得なかった”と考えるものの、やはりもう少し消費者目線で割り切れる部分はしっかりと割り切って、顧客が何を求めているのか見極めて市販化に持ち込むの大事なのでは?と考えたりはしますね。

【The new Nissan Juke is WAY better than you think! REVIEW.】

☆★☆新型「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう