これ本当?フルモデルチェンジ版・スズキ新型「アルト」が2020年内に登場するとの噂が浮上。プラットフォームはそのまま流用、マイルドハイブリッド搭載の可能性、そしてワークス復活も?

~いよいよ新型「アルト」が登場するか?!~

スズキのハッチバック型軽自動車「アルト(Suzuki Alto)」が、2020年内にフルモデルチェンジを果たすとの噂が浮上しています。
自動車情報誌ベストカーの情報によると、軽量化並びに剛性を向上させた新世代プラットフォームハーテクト(Heartect)はそのままに、エンジンはマイルドハイブリッドシステム(厳密には電動化と説明)を組み合わる可能性が高いとのこと。

もちろん確定事項ではないため、マイルドハイブリッド技術が搭載されない可能性も十分あり得ますし、もっと言ってしまえば2020年内にフルモデルチェンジ版が登場しない可能性もあるわけですが、これについていつもお世話になっているスズキディーラに独自に取材をさせていただいたところ、「今のところ新型アルトに関する情報は一切入ってきていないものの、フルモデルチェンジするということであれば、安全装備の強化はもちろんのこと、マイルドハイブリッドの可能性は十分に考えられる」とのことでした。

スポンサーリンク

~デザインも現行モデルから大きく変更される模様~

またデザイン性については、(上の画像とは別に…)自動車情報誌ベストカーの掲載写真を参考にさせていただくと、現行モデルのフロントフェイスから大きく一新し、フロントヘッドライトのユニットはC形状のLEDデイタイムランニングライトが搭載され、単眼タイプのヘッドライト(おそらくグレードによってはハロゲンもしくはLEDを搭載)、その直下にはフロントフォグランプが搭載された昔ながらのデザインになる可能性が高いそうです。

フロントグリルについても、同色パネルではなくブラックのアクセントが際立つグリルレスとなり、その下には水平基調のスリットのようなダクトが4本入っています。

足元のホイールについては、樹脂キャップ付きのスチールホイールとなりますが、もしかするとハイパフォーマンスグレードのワークスも登場するかもしれないとのことで、そういったハイパフォーマンスグレードに関しては15インチほどのアルミホイールが装着されるのではないかと思います。

~安全装備も新型「ハスラー」並みの充実した内容に?~

最後に安全装備についてですが、担当セールスさんの意見も含ませていただくと、新型「ハスラー」並みの装備内容になることが期待されています。
なかにはターボモデル限定ではありますが、スズキの軽自動車としては新型「ハスラー」で初となる「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も追加されることは濃厚でしょうね。

近年の軽自動車&ターボモデルでは必須装備となっていますが、ようやくスズキでもこの機能が標準的に装備されることになるでしょう。
更には、「スイフト・スポーツ」でも設定されている車線からはみ出しても自動で車が真ん中へとハンドル調整してくれる「車線逸脱抑制機能」も装備される可能性が高いので、かなり先進性が向上するのではないかと思われます。

【新型「アルト」セーフティサポート予想】
・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・ハイビームアシスト

・標識認識機能
・先行車発進お知らせ機能
・アダプティブクルーズコントロール
・全方位モニター用カメラ
・アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付(ターボ車のみ)]

☆★☆「アルト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう