ブライアン仕様のトヨタ新型「GRスープラ」が蘇る。オーバーフェンダー装着のゴリゴリ仕様、あとはアクセントカラーの追加で完成だ!

~遂にブライアン仕様の「スープラ」が現代に蘇るのか…~

以前、日本自動車大学校(NATS)が1月10日~12日の東京オートサロン2020に向けて、映画「ワイルド・スピード」に登場したブライアン仕様のトヨタ「80スープラ」を現代版として蘇らせるべく、レクサス「SC430」をベースにバンパー等をすべてオリジナルへと移植した、新型「GRスープラ・コンバーチブル」風のカスタムモデルを出展する、という記事をご紹介しました。

NATSといえば、東京オートサロン2020が開催されるまでに、そのカスタムカーの製作過程をSNSにアップすることでも有名ですが、今回遂にブライアン仕様の「GRスープラ・コンバーチブル」の外観が一部完成したということで、ここから更にアクセントカラーの追加や過激なデカールが追加されます。

パット見た感じ、本物の「GRスープラ」のオープントップを完全にぶった切ったクレイジーカスタムモデルのようにも見え、パンデム風ワイドボディキットに加え、外付けの過激なオーバーフェンダーの装着も確認できます。

スポンサーリンク

~ワイド感たっぷり!エンジンも本格派の2JZ-GTEをぶち込む~

こちらがリヤプロファイル。
何か凄いことになってますね…ボコッと大きく張り出したリヤフェンダーはもちろんのこと、「スープラ」の特徴ともいえる大きく反りあがったトランクスポイラーの誇張も中々に強く、全体的にインパクトの強い仕上がりになったのではないかと思います。

なお、このカスタムモデルのエンジンには、「SC430」のV型8気筒エンジンではなく、「80スープラ」にも搭載されている排気量3.0L 2JZ-GTE型直列6気筒エンジンがスワップされているとのことで、このあたりの妥協なき点においても大きく評価されるべきところではないかと思いますね。

NATSはこのほかにも、ブライアン仕様の日産「GT-R R35ロードスター」風カスタムモデルなども複数出展するため、かなり注目される出展エリアになるのではないかと思います。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう