これ意外とイケてる?日産「ジューク」をリフトアップ&ゴリゴリのオフロード仕様に仕上げてみた。ウィンチ装着でアグレッシブ感も大幅アップ

~コンセプトモデルとして登場してもおかしくないほどの完成度~

日産のコンパクトSUVモデル「ジューク(Nissan Juke)」を、リフトアップ&ゴリゴリのオフロード仕様にカスタムしてみたら?というレンダリングが公開されています。

元々世界ワーストクラスの”酷い顔”とも言われていた初代「ジューク」ですが、今回のようにウインチの装着やリフトアップ、更にはオールテレーンタイヤを装着することで、ゴリゴリのオフロードクロカン風に進化し、ランドローバー「ディフェンダー」やメルセデスベンツ「Gクラス」並みのゴリゴリ感が演出できているのではないかと思います。

最近では、シャコタン&オーバーフェンダーの族車仕様に仕上げたレンダリングがほとんどでしたが、今回のリフトアップ&オフロード仕様のゴリゴリレンダリングは珍しく、個人的にはかなり新鮮な感じで受け止めることができているという不思議。
そして真正面から見た時の表情やスタイリングは、意外にもカッコよく見えるのも大きなポイントですし、このデザインであればフルモデルチェンジ版・新型「ジューク」よりも注目度は高いかもしれません(是非とも東京オートサロン2020にて出展してほしいレベル)。

スポンサーリンク

~アウトドア好きにはたまらない一台~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
ルーフにはガソリン入りの携行缶などが複数装備され、いつでもどこでも遠出できるようなアウトドアスタイルに(これは中々に楽しそうだ)。

リヤプロファイルはこんな感じ。
この角度から見ると、ボディカラーはオレンジにも見えればゴールドっぽくも見えますし、なによりも全体的にド派手。

そしてリヤエンドには、スペアタイヤホイール2セットを装備。
リヤテールゲートを完全に排除し、ケージにて固定できるようにカスタムしているところもさすがの一言。とりあえず遠方へとドライブしたい意欲がひしひしと伝わってきます。

☆★☆日産「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう