フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヤリス(旧ヴィッツ)」をベースにしたSUVテイストの新型「ヤリス・クロス」が2020年後半に登場。競合は日産の新型「ジューク」が濃厚に

~いよいよ新型「ヤリス・クロス」の情報も本格化!~

いよいよ日本市場では2月10日に発売することが決定しているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ヤリス(Toyota Yaris)」ですが、このモデルをベースにしたSUVテイストの「ヤリス・クロス(Toyota Yaris Cross)」が2020年後半ごろに登場することが明らかとなりました。

海外の自動車ニュースサイトAutoExpressによると、プラットフォームは新型「ヤリス」同様にTNGA-Bを採用しながらも(足回りについてはフロント・マクファーソンストラット/リヤ:トーションビーム)、スタイリングとしてはSUVテイストということで車高も40mm程アップし、車幅もワイドになることで(日本の規格であれば)3ナンバークラスになると予想され、これによる競合モデルも、ルノー新型「キャプチャー」や日産の新型「ジューク」が挙げられているそうです。

スポンサーリンク

~トヨタ「ライズ」並みのボディサイズではあるものの、質感はCセグメントに追いつくレベルに~

なお新型「ヤリス・クロス」は、車幅や全高以外となる全長については、コンパクトモデルとほぼ同じになると思われ、全長も約4,000mm以内に収められ、B-SUVセグメントモデルとして登場することは間違いないとのこと(「C-HR」よりも更にコンパクトで、新型「ライズ」に近いかも)。

ちなみに、トヨタ欧州エグゼクティブバイスプレジデントのマット・ハリソン氏によれば、フォルクスワーゲン新型「ゴルフ」や「カローラ」といったCセグメントとは切り離された部門ではあるものの、確実にBセグメントモデルとしての質感はアップし、Cセグメントに猛追するかの如く進化していくことは間違いないと自信を示しています。

新型「ヤリス・クロス」は、TNGA-Bのフレキシブル性を大きく活かすことでロングホイールベースやワイドなトラックによる走行性能の向上、そして洗練されたマルチリンクリヤサスペンションとの互換性もあることから、四輪駆動(AWD)モデルもラインナップするとのこと。

パワートレインについては、排気量1.5Lガソリンエンジン+電気モータを組み合わせたハイブリッドシステム(システム総出力113hp)も登場する可能性は非常に高く、もちろんガソリンタイプもラインナップされるでしょうし、顧客のニーズに合わせた幅広いグレード展開にて、その人のライフスタイルに合ったモデルを提供してくるのではないかと思いますね。

☆★☆トヨタ新型「ヤリス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう