【軽自動車編】2019年12月の登録車新車販売台数ランキング15を公開!ホンダ「N-BOX」が返り咲きでダントツの1位、年間販売台数でも圧勝だった件

~やはりホンダ「N-BOX」は圧倒的な売り上げだった~

さて、毎月発表される各月登録新車販売台数ランキング。
今回は軽自動車編・2019年12月度の新車販売台数ランキングをお届けしたいと思いますが、11月度では2位に陥落してしまったホンダ「N-BOX」は、12月度で返り咲きとなり2位に圧倒的な大差をつけての1位となりました。

その他のモデルのランキングについては、特に大きな変動はないものの、フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント」は台数を大きく減らして4位に転落していますね。
早速、どういったランキングとなったのかをチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~2019年12月度の新車販売台数ランキングを見ていこう~

【2019年12月度の(軽自動車)登録者新車販売台数ベスト15】

  1. ホンダ「N-BOX」:16,875台(前月18,805台)
  2. スズキ「スペーシア」:12,270台(前月12,820台)
  3. 日産「デイズ」:10,105台(前月12,137台)
  4. ダイハツ「タント」:8,081台(前月21,096台)
  5. ダイハツ「ムーヴ」:6,961台(前月6,775台)
  6. ダイハツ「ミラ」:5,527台(前月5,459台)
  7. スズキ「ワゴンR」:5,346台(前月5,868台)
  8. スズキ「アルト」:5,007台(前月5,712台)
  9. スズキ「ハスラー」:4,365台(前月4,924台)
  10. ダイハツ「キャスト」:2,503台(前月1,978台)
  11. スズキ「ジムニー」:2,157台(前月1,978台)
  12. 三菱「ek」:1,945台(前月2,487台)
  13. トヨタ「ピクシス」:1,315台(前月1,643台)
  14. ダイハツ「ウェイク」:1,199台(前月1,200台)
  15. スズキ「エブリイワゴン」:1,040台(前月1,601台)

以上の通り、ホンダ「N-BOX」の勢いはとんでもないものでしたね。
一方でスズキ新型「ジムニー」も安定して上位に食い込んでいるのは凄いところ。
月間生産台数が非常に限られているなかで、これだけ安定して売り上げているのも珍しいのではないかと思います。

~2019年の年間販売台数でも「N-BOX」は圧倒的だった~

そしてここからが2019年1月~12月までの軽自動車年間販売台数ランキング。
こちらでも、やはり圧倒的な大差をつけて1位になったのがホンダ「N-BOX」。これで3年連続となります。
何と唯一の20万台を突破し、2位の新型「タント」に対して8万台程多く販売しています。
「N-BOX」にて始まり「N-BOX」に終わる、そんな年だったのではないかと思いますね。

【2019年1月~12月度の(軽自動車)登録者新車総販売台数ベスト15】

  1. ホンダ「N-BOX」:253,500台(前年累計241,870台)
  2. ダイハツ「タント」:175,292台(前年累計136,558台)
  3. スズキ「スペーシア」:166,389台(前年累計152,104台)
  4. 日産「デイズ」:157,439台(前年累計141,495台)
  5. ダイハツ「ムーヴ」:122,835台(前年累計135,896台)
  6. ダイハツ「ミラ」:94,527台(前年累計107,283台)
  7. スズキ「ワゴンR」:90,046台(前年累計108,013台)
  8. スズキ「アルト」:72,033台(前年累計77,241台)
  9. スズキ「ハスラー」:57,840台(前年累計65,291台)
  10. 三菱「eK」:44,883台(前年累計45,062台)
  11. ダイハツ「キャスト」:40,341台(前年累計42,495台)
  12. ホンダ「N-WGN」:30,281台(前年累計63,009台)
  13. スズキ「ジムニー」:30,281台(前年累計20,942台)
  14. トヨタ「ピクシス」:24,103台(前年累計25,627台)
  15. ダイハツ「ウェイク」:22,382台(前年累計28,637台)

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:全国軽自動車協会連合会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう