過激チューナ・アーティシャン・スピリッツ(Artisan Spirits)が、トヨタ「GRスープラ/86」やホンダ「NSX」、レクサス「RX/LC500」等の過激カスタムモデルを東京オートサロン2020にて出展へ

~やはり東京オートサロン2020も新型「GRスープラ」のカスタム祭りとなりそう~

いよいよ本日1月10日~12日まで開催の東京オートサロン2020にて、トヨタやレクサスを中心にカスタムを施す過激チューナのアーティシャン・スピリッツ(Artisan Spirits)が、トヨタ「GRスープラ/86」やレクサス「RX/LC500」、ホンダ「NSX」、テスラ「モデル3」といった最新モデルのカスタムデモカーを出展します。

その中でも注目されているのが、上のトヨタ新型「GRスープラ」ですが、そこまで派手な仕様でもなく新デザインのフロントスプリッターやサイドスカート、フレアホイールアーチ、カスタムアルミホイール、リヤディフューザー、ダックテールスポイラーにてシンプル且つスポーティに仕上げてきています。

スポンサーリンク

~定番の「86」は過激なワイドボディキットに~

この他にも、トヨタの2ドアスポーツクーペ「86(ハチロク)」も登場。
先ほどの「GRスープラ」とはちょっと異なり、ゴリゴリのワイドボディキットによってフロント・リヤバンパー、一体型のオーバーフェンダー、サイドスカート、ブラックの大口径アルミホイールを装着しています。

リヤデザインも中々に過激ですね。
大型の固定式リヤウィングも装着され、両サイド1本出しとなるデュアルエキゾーストシステムもインストールしています。

~レクサス「RX/LC500」も頭角を現す~

こちらはわりかしシンプルなカスタムを施しているレクサス新型「RX F SPORT」。
フルエアロキットが装着され、足回りは適度なローダウンを施し、大口径アルミホイールを装着したスタイリッシュな仕様に仕上がっています。

こちらは何とも過激な見た目のレクサス「LC500」のカスタムモデル。
下回りもブラックのパーツで引き締められ、過激な固定式リヤウィングでその存在感をもうアピール。

~ホンダ「NSX」も存在感をアピール~

まさかのホンダ(アキュラ)「NSX」も参戦!
フルエアロキットに加えてフロントカナードを装着。
リヤデザインは公開されていませんが、おそらくリヤウィングも装着されていると思われます。

~電気自動車からはテスラ新型「モデル3」!~

そして個人的に衝撃を受けたのがテスラ新型「モデル3」の過激カスタムモデル。
新デザインのフロントスプリッターやローサイドスカート、アフターマーケットホイール、カーボンファイバウィングミラーキャップといった細かいパーツをフル装備。
結構ダークな印象を受ける電気自動車に仕上がっていますね。

リヤの重厚感が凄いこと何の…
リヤリップスポイラーやトランクスポイラーも装着され、この辺りはホンダ「NSX」に倣うスタイリッシュな佇まいとなっています。
なお、アーティシャン・スピリッツは上記のモデル以外にも、ロールスロイス「レイス」やトヨタ「C-HR」のカスタムモデルも出展する予定となっています。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう