トヨタの本気と狂気…フルモデルチェンジ版・新型「GRヤリス」が世界初公開。特別仕様車は6か月間のWeb限定発売、2グレード構成で価格は396万円/456万円から

~特別仕様車とは言え、その価格設定はもはや狂気レベルだ~

いよいよ本日1月10日~12日まで開催中の東京オートサロン2020にて、トヨタの最新ハイパフォーマンスモデルとなる新型「GRヤリス(Toyota ALL NEW GR Yaris)」が世界初公開されました。
今回発表された個体は、FIA世界ラリー選手権(WRC)にて勝ち抜くための知見やノウハウを注ぎ込んだスーパースポーツカーということで、そのパフォーマンスはもちろんのことながら、国産ホットハッチモデルとは思えぬほどの超強気な価格設定にて販売されます。

ただ、発売される新型「GRヤリス」は、特別仕様車RZ“First Edition”と RZ“High-performance・First Edition”の2グレードにて構成されることになり、1月10日(金)10時~6月30日までの約6か月というWeb限定発売となります。

価格帯についても先にお伝えしますが、RZ“First Edition”が3,960,000円(10%税込)から、RZ“High-performance・First Edition”が4,560,000円(10%税込)からと、とんでもない価格設定となっていますね。
それだけパフォーマンスが非常に高く、トヨタもそれだけの価格設定ができるほどに自信の持てる一台なのだと思われます。

スポンサーリンク

~外観を見ても一瞬で普通ではないクルマだとわかる~

まず外観についてですが、新型「ヤリス」のフロントフェイスをベースにしつつ、これまで登場してきたGR SPORTモデルの大口化されたフロントグリルとフロントインテークを採用することで、よりアグレッシブな顔つきへと進化しています。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
Aピラーからルーフにかけてのラインは非常に滑らかで、コンパクトな佇まいと引き締まったデザインがうまくマッチしたホットハッチ仕様になっていますね。
ちなみに「GRヤリス」では、後席用のドアがなくなるため、2ドア仕様へと実用面では大きく低下することになります(車内は4人乗り)。

そして足元にはレッドのブレーキキャリパを装着し、フロント・リヤ共通の大口径18インチBBS鍛造アルミホイール(225/40ZR18タイヤ付)を標準装備します。

~ボディサイズは安定の3ナンバー仕様に~

リヤデザインもかなり引き締まっていますが、リヤフェンダーの張り出しがエグイですね…ボディサイズは全長3,995mm×全幅1,805mm×全高1,460mmと非常にワイドで、普通に3ナンバー扱いとなります。

ちなみに駆動方式はスポーツ4WDシステムとなるGT-FOURを採用し、高次元での動的性能を追求しているとのこと。
マフラは両サイド1本出しのデュアルエキゾーストシステムを採用しています。

インテリアはこんな感じ。
シートはシンプルなブラックにホワイトのカラードステッチを縫合しているように見えますね。
レザーとファブリックのコンビシートを採用しているものと思われます。

シート構造も非常にタイトで、バケットシートを想起させるようなスポーティさがあります。
ヘッドレストにはGRの刺繍もしっかりと施されています。

~最後はボディカラーとパワートレインをチェックしていこう~

ちなみにボディカラーは全部で4色をラインナップ。
「スーパーホワイトⅡ/プラチナホワイトパールマイカ/エモーショナルレッドⅡ/プレシャスブラックパール」となりますが、ブラック以外はおそらく有償カラーだと思われます。

最後に気になるパワートレインについてですが、排気量1.6L 直列3気筒直噴ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力272ps/最大トルク370Nmを発揮。
トランスミッションは6速iMT/ATを搭載します。

東京オートサロン2020の出展詳細はこちらにてまとめております。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TOYOTA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう