一宮ナンバーのトヨタ新型「アルファード」に乗る人物はあおり運転の常習犯だった。目撃・被害を受けた人多数、なぜあおり運転は無くならないのか?【動画有】

~クルマのイメージも悪くなっているが、あおり運転の一番の問題はドライバにある~

さて、先日取り上げた愛知県での白い高級ミニバン(トヨタ新型「アルファード」)によるあおり運転について、前回にもお伝えした通り、被害を受けた方の情報によると何度も白い高級ミニバンのドライバによる急発進や急停車が行われたとのことですが、実はこのドライバによるあおり運転被害が思いのほか多く発生していたことが判明。

前回この記事を紹介した後、当ブログにて複数の方から問い合わせがあり、全く同じ「一宮330 る・・54」ナンバーのドライバによるあおり運転の被害を受けたとのこと。
常磐自動車道でのあおり運転・殴打を想起させるような上の構図ですが、やはり無理やりな急発進と急停車を繰り返し、更には車両から降りてきて相手を威嚇する辺り、決して普通の行動ではないですから、こういった被害を受けた際はすぐさま警察に連絡すべきではないかと思いますね。

スポンサーリンク

~あおり運転が始まったそもそもの原因も気になるところだが…~

ちなみに、問い合わせを頂いた方のほとんどが、突如として白いミニバンが追い越しを仕掛けてきて、その後急ブレーキや急発進を繰り返してきた、ということだそうですが、なぜこのような悪質な行動が起きたのかは不明で、特に遅いスピードでも走行しているわけでもないのに、このような被害を受けるのはちょっと納得し難いものがありますね(そう考えるととあおり運転を行っているドライバはすぐにキレ易く、冷静な判断ができない可能性も高い)。

なかには、このドライバによるあおり運転の被害を受けたという方が、ドライブレコーダーの映像が残っているとのことですから、その方から動画を提供いただいた後、内容を精査させていただいて当ブログでもご紹介していきたいと思います(なぜあおり運転を受けたのか、一部切り取るのではなく、可能な限りあおり運転が始まる以前から公開できたらと思う)。

~あの常磐自動車道でのあおり運転&殴打の犯人が再逮捕!~

【愛知県内でもあおり運転か 宮崎容疑者を再逮捕(20/01/10)】

そしてつい先日、2019年8月に常磐自動車での白い高級SUV(BMW新型「X5」)あおり運転&殴打で逮捕された宮崎文雄 容疑者ですが、それよりも以前の2019年7月に行われた愛知県・新東名高速道路下り線の岡崎東インターチェンジ付近でも、停止直前まで減速するなどのあおり運転を繰り返した疑いで再逮捕されたことが明らかとなりました。

この事件について、宮崎文雄 容疑者も「厳密には覚えていないが、多分、自分がやったことに間違いない」と供述していますが、今後更なる余罪が追及される可能性が高いと思われます。

☆★☆あおり運転関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう