えっ、これが新型「プリウスPHV」?東京オートサロン2020にて、TRDとモデリスタによるコラボモデル「プリウスPHVコンセプト」が想像以上に未来的過ぎた件【動画有】

~「プリウスPHV」にTRDとモデリスタがコラボするととんでもない化学反応を引き起こすようだ~

先日より開催中の東京オートサロン2020にて、トヨタ・レクサスを専門とするカスタムチューナのTRD(Toyota Racing Development)とモデリスタ(Modellista)によるスペシャルコラボモデル・新型「プリウスPHVコンセプト(Toyota Prius PHV Concept)」が世界初公開されました。

今回発表された「プリウスPHVコンセプト」は、各社の空力特性やノウハウを集約させた、「プリウスPHV」の将来的なスタイルを表現した一台だそうですが、その姿はあまりにも特殊と言いますか…TRDとモデリスタがコラボしたとは想像しがたいほどの変貌っぷりを見せていますね。

スポンサーリンク

~どことなくランボルギーニっぽい尖ったデザインが特徴~

正面から見てみるとこんな感じ。
確かにそのシルエットとデザインのベースには、現行「プリウスPHV」の面影があるものの、インテーク周りやフロントスプリッターといったロアデザインは、どことなくランボルギーニ「アヴェンタドール」等のスーパーカーを意識したかのようなエクストリームさがありますね。

そしてこちらがリヤプロファイル。
リヤテールランプ形状は確かに「プリウスPHV」がベースになっています。
あとはアルミホイールもスター形状のワイヤのようなものがデザインされて非常に複雑。
左リヤフェンダーにはガソリンの給油蓋がありますが、あくまでもPHVモデルなので、排気量1.8L 直列4気筒ガソリン+電気モータ&リチウムイオンバッテリという組み合わせに変更はなさそうですね。

~スーパーカーやレーシングモデルに搭載される謎のシャークフィンも…?~

それにしても…ルーフからトランクスポイラーにかけて延長されたシャークフィンが何とも気になるところ。
こちらもランボルギーニ「ヴェネーノ」やメルセデスベンツ「AMG ONE」を想起したフィン形状ですが、おそらくこういったデザインも空力特性を大きく向上させ、燃費を稼ぐ一つのメリットになるのでしょうね。

一方でリヤアンダーを見ていくと、グロスブラックペイント処理されたリヤディフューザーと、更に中央には謎のフィン形状が確認できますが、これも空力特性に大きく影響するパーツとなるのでしょうか?ますます謎が深まるばかりのコンセプトモデルとなっています。

【Toyota unveils futuristic Prius-based concept car at 2020 Tokyo Auto Salon】

東京オートサロン2020の出展詳細はこちらにてまとめております。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう