東京オートサロン2020にて、トヨタ新型「アルファード」を過激なオレンジに仕上げたカスタムモデルが登場→ミニバン/ワゴン部門の最優秀賞を獲得!

~オートサロンの定番でもある「アルファード」がトップを獲得するのは納得~

先日開催された東京オートサロン2020にて、トヨタ新型「アルファード(Toyota ALPHARD)」をベースにした過激カスタムモデルが登場。
今回登場したカスタムモデルは、過激チューナでお馴染みクリスタルアイ(Crystal eye)とBody Shop KIKUTAとの共同開発によって誕生した一台だそうで、ボディカラーはこれまでに見たことが無いようなジェイド・オレンジパールと呼ばれるオリジナルカラーにオールペンされたワイドボディキットを装着しています。

更に、今回出展された過激カスタムモデルの「アルファード」が、東京オートサロン2020のミニバン/ワゴン部門にて最優秀賞を獲得したとのことで、ミニバンの帝王がカスタムカーの世界でもトップをとることに。

スポンサーリンク

~エアロキットを改良しつつ更にストリートスタイルを極めた本格派~

改めてそのカスタム内容を見ていくと、フロントマスクは大きく変化はしていないものの、やはりワイドボディキットということだけあって、その佇まいは堂々たるものに仕上がっています。
先述の通り、エアロパーツは共同開発のBody Shop KIKUTAによるエイムゲイン改をベースにしているとのことで、過激なオーバーフェンダーとダクトが設けられることで足回りに大きなインパクトを与えています。

車高もガッツリとローダウン。
タイヤ・アルミホイールも若干のキャンバー角がかかっているようにも見えます。
ブレーキキャリパはレッドに塗装されていますね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤフェンダーからリヤバンパーにかけて設けられたダクトもナチュラル。
リヤテールランプもセンターストリップを採用し、先進性とワイド感を主張しています。
そしてフロント・リヤエンブレムは共通でクリスタルアイのロゴが貼付されていますね。

それにしても低いしゴリゴリだなぁ…
リヤマフラは両サイド1本出しでしょうか?リヤバンパーと一体型のフィニッシャをインストールすることでスタイリッシュにまとめられています。

ボディカラーのインパクトもあってか、「アルファード」のダイナミックさと圧倒的な存在感とをうまく調和できた一台ではないかと思いますね。

東京オートサロン2020の出展詳細はこちらにてまとめております。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう