【ウィンカーも点滅したぞ!】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のモデューロXコンセプトを細かくインプレッション!インテリアはスポーティで上質、実用性も兼ね備えた期待の高まる一台だ【動画有】

~コンセプトモデルの賛否は別として、新型「フィット4」としては確実に完成度高いぞコレ~

先日開催された東京オートサロン2020にて、フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(Honda ALL NEW FIT 4)」のカスタムモデル”モデューロXコンセプト(Modulo X Concept)”が世界初公開されました。

ディーラオプションとしても設定されるモデューロXカスタムキットですが、愛嬌のある顔つきからアグレッシブに一転し、ブラックの要素を際立たせることでスポーティさを強調させた一台になっていますね。
早速どういったカスタム内容に仕上がっているのかチェックしていきましょう。

なお、今回もプレビュー動画を参考にさせていただいたのが自動車系ユーチューバーであるroom My hobbyさん。
新型車情報をどこよりも早くアップすることはもちろんですが、今回の新型「フィット4モデューロXコンセプト」のように、閲覧者がどういったところを見たいのか?という点をしっかりと抑えてアップしているところも周りから愛される魅力的なチャンネルだと思います。

スポンサーリンク

~モデューロXコンセプトはアグレッシブ仕様だが、見れば見るほどに愛着が持てる~

早速コンセプトモデルをチェックしていきましょう。
スタンダードモデルから大きく変化したフロントマスクですが、新型「フィット4」の大きな特徴でもあるグリルレスバンパーを、敢えてグリル有のバンパー一式に置き換え、加えてロアグリルも大口化して超アグレッシブに。
ブラックペイントもグロス仕上げと高級感がアップし、グリルフレームも漆黒メッキで非常にスポーティに仕上がっています。

新型「フィット4」のウィンカーはこうやって点滅する!

そしてようやく国内でも確認できた新型「フィット4」のフロントウィンカー(リヤウィンカーは以下にも公開)。
以前よりお伝えしている通り、フロントヘッドライト上部に眉毛のような感じで点滅していますね(しかも豆球タイプではなくLEDというのが凄い拘り)。
先進的で愛嬌もあり、こういったキャラクタ的な要素をしっかりと演出できている辺り、ホンダも今回の新型「フィット4」にはかなり力を入れていることがわかります。

こちらはリヤサイドデザイン。
ワンモーションスタイルをしっかりと活かすために、敢えてゴテゴテしたパーツを装着していないところはさすが。メリハリがしっかりと効いていますね。
あと、トップルーフがブラックの2トーン仕様となっていますが、おそらくベースとなるグレードは「HOME(ホーム)」ではないかと思いますね(LUXE(リュクス)は2トーンカラーの設定ができない)。

既にディーラオプション設定可能な16インチアルミホイール

足元にはモデューロ仕様の16インチ大口径アルミホイールを装着。
タイヤ規格は185/55 R16とLUXE(リュクス)やNESS(ネス)と同じサイズとなりますね。
ちなみにこちらが実際に市販化されるディーラオプションのモデューロホイール。1セット27,500円と記憶しており、これのシンプルなシルバー塗装が17,500円と記憶しています。

リヤの足回りはこんな感じ。
電動パーキングブレーキの不具合を受け、ドラム式ではなくディスク式に変更されていますね。

こちらがリヤデザイン。
リヤロアバンパーにはグロスブラックの要素が加味され、リヤエンブレム周りもスポーティなブラックパネルをポン付けしている感じですね(Modulo Xのバッジも貼付されている)。

リヤウィンカーはこうやって点滅する!

そしてこちらがリヤウィンカー。
フロントとは異なり、リヤは豆球式になりますが十分なところではないかと思いますね。

そしてこちらが荷室(トランクルーム)。
いや、めちゃくちゃ広くない?深さも結構ありますし、積載性も抜群だと思いますね。
トランク容量は不明ですが、この辺りは近日中に開催される内見会にてチェックしておきたいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

~スポーティ&上質なインテリアも見ていこう!~

ここからはインテリア。
運転席の内ドアパネルですが、おそらくインテリアカラーはブラックを選択。
ハードプラスチックメインとなりますが、そこまでチープには見えないですね。

こちらは運転席の足元。
フロアマットはモデューロ仕様のレッドパイピングが入ったスポーティ仕様。
アクセルペダルですが、当然のことながら吊り下げ式を採用しています。

こちらはモデューロ仕様のスポーツシート。
スエード調と合成皮革のコンビシートで、中々に上質な仕上がりではないかと思います。

こちらは運転席周り。
ステアリングホイールは本革巻き仕様で、レッドのカラードステッチにて縫合されているのはさすがの一言。

エンジンスタータースイッチもレッドの丸型フレームが付いて起爆スイッチ感がアップ。

こちらはセンターコンソール。
センターシフトノブのシフトブーツもレッドのカラードステッチ付きですか…かなり力入ってますね。
そしてその手前には電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドスイッチが標準装備となっています。

こちらは後席用内ドア部分。
ウィンドウスイッチ周りがプラスチックではなくピアノブラック調にペイントされているのが素晴らしいですね。

こちらは後席。
中央には格納式のアームレストが採用されています。
更にシートベルトは両サイドのみで3点式、中央にシートベルトが配置されていませんが、この辺りも内見会にて注目しておきたいポイントです。

【ホンダ 新型 フィット4 モデューロ X コンセプト 実車見てきたよ☆早くもモデューロXが登場!HONDA NEW FIT Modulo X CONCEPT】

東京オートサロン2020の出展詳細はこちらにてまとめております。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう