2018年モデルのフォード「マスタング」がフェイスリフトにて登場。V6エンジンを捨ててV8と直4で勝負

フォード「マスタング」がフェイスリフトし、2018年モデルとして登場。
エクステリアにおいては、そこまで大きな変更はないものの、若干のスタイリングが変わりつつフロントヘッドライトは全てのモデルにおいてLEDに変更されますね。

スポンサーリンク

また、ボディカラーも新たに3色追加されるとのことで、その中には強烈なオレンジカラーもラインナップされているとのこと。

内装のダッシュボードにおいては、新型「フォードGT」に採用されたものに近く、更にはエンジンスタートもスマートフォンにて操作できるとのこと。

性能面においては、衝突防止システムや歩行者検知などの機能が備わり、ドライビングセッティングメモリーも充実し、これまでのマッスルカーらしからぬ装備が多数ありますね。

なお、肝心のパワートレインにおいては、やはり噂されていたV型6気筒エンジンは採用されず、排気量5.0L V型8気筒エンジンと排気量2.3L 直列4気筒ターボエンジンの2ラインナップで、更には10速ATが両方に採用されるとのことです。

「マスタング」は2年連続で世界一売れたスポーツカーとしての功績もあることから、やはりV型6気筒エンジンを追加ラインナップすることで更なる拡販を目論んでいたとは思いますが、より充実した装備を加えることに注力し、安心と信頼性の高いスポーツカーを売り目に次のハイブリッドモデルに繋げていくのではないかとも思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう