これ本当?!(印)スズキ新型「ジムニー」の5ドアモデルが本格的に導入する方向へ。価格は不明ながらも、全長4,000mm以上になるとの噂

~とは言ってもインド市場での話になってしまうが…~

以前より度々噂されているスズキ新型「ジムニー(Suzuki Jimny)」の5ドアモデルについて。
日本市場での導入時期は2020年夏以降になる?と言われていますが、その前に元々導入されていなかったインド市場において、新型「ジムニー(厳密には新型ジムニー・シエラ)」の本格的な検討が進められているそうで、更には従来モデルよりも全長を延長することで3ドアから5ドアモデルへと変更し、「ビターラ・ブレッツァ(Vitara Brezza)」よりも下位グレードとして登場する可能性が非常に高いことが明らかとなりました。

スポンサーリンク

~5ドア化によって具体的にどこが変化するのか?~

海外自動車サイトIndiaAutosBlogによると、全長とホイールベース長さ以外は基本的に同じとなるそうで、最低地上高も210mmをキープ。
パワートレインについては、排気量1.5L K15型直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力102ps/最大トルク130Nmのままとするか、サイズアップによる車体重量増加の関係でもう少し出力アップを図る可能性があるとのこと。
トランスミッションは5速MT/4速ATの何れかというのは変わらないようですね。

プラットフォームは、ラダーフレームシャシー構造をそのまま流用することになりますが、従来モデルに比べてアプローチアングル(3ドア版は37度)やディパーチャーアングル(3ドア版は28度)、そしてブレークオーバーアングル(3ドア版は49度)がどの程度変化するのかも気になるところではありますね。

そしてこのモデルの販売チャネルについてですが、おそらくインド市場ではプレミアムモデルという位置づけになるとのことですから、確実にNEXA(大衆向けはARENA)にて販売されると言われています。
価格帯は不明ですが、2020年内に何かしらのアプローチはあると思われます。

~気になる日本市場での販売は?そして本当に販売するのか?~

ここからは前回の記事のおさらいという感じになりますが、色々と情報が交錯している新型「ジムニー」の5ドアモデルについて、以前いつもお世話になっているスズキ・ディーラの担当セールスさんの情報では、まずは5ドアモデルとして登場する可能性が非常に高いのは乗用車タイプの「ジムニー・シエラ」で、軽自動車タイプの「ジムニー」では、軽自動車規格によるサイズ等の関係から5ドアモデルとして登場する可能性は低いとのこと。

ただその一方で、以前に特別展示会の関係で京都府の某スズキディーラのセールスさんと直接お話しさせていただいたのですが、「ジムニーの5ドアモデルが登場する可能性はほぼ無いとメーカから回答を頂いているものの、スズキCEOが”5ドアモデルは登場しなくもない”と濁らせてしまい、それを自動車メディアが話を盛ってしまっていることから、5ドアモデルが登場するという話にまで展開されている」とも聞いています。

~5ドアモデルの市販化を希望するユーザーやディーラは多いが、中々市販化に踏み切れない理由は納期にあるのかも~

しかしながら、自動車メディアによる先行した噂や未確定情報が拡散されていく中で、開発を余儀なくされている?との話もあったり、ジムニーファンからの熱い要望により、市販化する可能性も秘めているとのことで、ディーラとしても「絶対5ドアモデルを市販化することはない」と回答することは無いとのこと。

これについては、期待させるだけさせておいて市販化しないという流れにでもなれば、かなり問題が起きそうでもありますが、京都の某スズキディーラのセールスさんとしては、市販化してほしいという想いがある反面、今現在長納期で全く捌けていない新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の3ドアモデルの納期待ちもあるため、それらを差し置いて5ドアモデルが登場するとなると、3ドアをオーダーしたユーザーからのクレームも確実に発生するため、かなり複雑な心境にあるようですね。

☆★☆スズキ新型「ジムニー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndiaAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう