ビッグマイナーチェンジ版・日産の新型「フェアレディZ」に関する新情報続々!何とNismo仕様は500馬力を発揮?!デザインはレトロチックに変化するとの噂が浮上

~新型「フェアレディZ」は思いもよらぬ方向にシフトする?~

以前、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて目撃された日産のビッグマイナーチェンジ版となる新型「フェアレディZ」と思われる開発車両(見た目はZ34型/370Z)ですが、この新型モデルに関する新たな情報が浮上しています。

スポンサーリンク

~まさかの「ダットサン240Z」風デザインに変化?!~

海外の自動車ニュースサイトAutoblogによると、いくつかの(海外)日産ディーラに取材したところ、どうやらヘリテージモデルからインスパイアされたデザインになるとのことで、具体的には「240Z」のような非常にレトロチックなフロントフェイスに変化する?との情報があるそうで、フロントグリルはスクエア型、ヘッドライトは円形を採用する予定とのこと。

~リヤも「300ZX」風のレトロ仕様に?~

そしてリヤテールランプについては、これも旧世代モデルとなる「300ZX」のテールライトをモチーフにしたデザインになるとのことで、益々どのようなデザインへと変化していくのかが非常に気になるところではありますね。

なお、フロント・リヤデザインについては大きく変更されるものの、基本的な形状やシルエットについては現行のままになるとのことで、ここから更にツインターボ用のインテークが追加されるなどの改良がくわえられると予想されますね。

~新型「スカイライン”400R”」に倣うスペックと、更にスーパーカー並みのエンジンスペックも?!~

インテリアについては、最新のインフォテイメントシステムを採用することで、全く新しい室内空間を確保するとのこと。
ただ、ベースとなるインテリアは「アルティマ」になるそうで、スポーティな印象を受けるよりは高級感を持たせた質感になることが予想されます。
おそらくナビゲーションシステムなども改良がくわえられると思いますが、エアコン関係が物理スイッチのままなのか、タッチパネルになるのかは全く明らかになっていません。

続いてパワートレインについてですが、今のところ排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンが搭載される予定で、最高出力400hp/最大トルク474Nmを発揮する予定となっています(新型「スカイライン”400R”」に倣うスペック)。
トランスミッションは9速ATとのことですが、噂では6速MTもラインナップ予定だそう。

そしてこれは、まだまだ噂段階なので本当に登場するのかはわからないものの、どうやら最上位グレードとなるNismoも準備されるとのことで、これについては特殊なチューニングを施すことで最高出力500hpを発揮する可能性があるとのことです。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう