おいおいマジかよ…レクサス「LC500コンバーチブル」のワンオフモデルが約2.2億円にて落札!オーナーはホンダ新型「NSX」の第一号車を約1.3億円で落札したアノ人

~やはりチャリティオークションは天井知らずで高額落札されるようだ~

2020年1月17日より開催中のバレット・ジャクソンオークションにて、映画「ワイルド・スピード」にてブライアン・オコナー役として出演した故ポール・ウォーカー氏が所有していた日産「フェアレディZ(Z34)/スカイラインGT-R R32レースカー」がそれぞれ1,000万円以上にて高額落札されるなか、今度はレクサスのフラッグシップクーペ「LC500コンバーチブル」のワンオフモデルが、驚異の約2.2億円にて高額落札されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~特殊なブルーカラーと生産第一号&オープントップのワンオフ仕様~

今回超高額落札された「LC500インスピレーションシリーズ・ローンチエクスクルーシブ(LC500 Inspirations Series Launch Exclusive 1 of 1)」は、その名の通りロットナンバーVIN100001の記念すべき第一号車でありワンオフモデル。

当初どの程度落札されるか全く予想できなかった「LC500コンバーチブル」のワンオフモデルですが、過去にチャリティオークションにて高額落札されたトヨタ新型「GRスープラ」(第一号車)の約2.3億円に匹敵する高額モデルとなります。

~高額落札したオーナーは一体誰?~

なお、このモデルにて得られた収益金についてですが、全てチャリティオークションという形式で出品され、得られた収益金すべてがボーイズ&ガールズ・クラブ・オブ・アメリカとボブウッドラフ協会に寄付されることが決定しています。

そしてこのモデルを高額値で購入したオーナーですが、元レーシングドライバでお馴染みリック・ヘンドリック氏で、過去にホンダ新型「NSX」の第一号車を約1.3億円にて落札、シボレー「ボルト」の第一号車を約1,900万円にて落札、そして2019年型となるシボレー「コルベットZR1」の第一号車を約1億円にて高額落札するなど、チャリティーオークションではとにかく高額落札・社会貢献するとんでもない人物で有名ですね。

☆★☆「LC」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Barrett-Jackson

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう