この発想は無かった!スズキ新型「ジムニー・シエラ」を軽トラ仕様に改造したモデルが登場。積載性を重要視して後席を完全排除、車内も軽トラらしい窮屈なレイアウトに

~まさかニュージーランドでこんな変態的なモデルが登場するとは~

ニュージーランドのスズキディーラが、乗用車モデルとなる新型「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」をベースに、軽トラ(厳密にはトラック)仕様に改造したド変態モデルを”公式にて”公開しています。
もちろん、日本市場等での市販化はなく、あくまでもワンオフモデルとして公開された今回の「ジムニー・トラック」ですが、Bピラーよりも後部のところは完全にブッた切った状態で、更には後席も排除してトラック用の荷室スペースを設けるというダイナミックな改造が施されていますね。

足元のブラックペイント処理されたスチールホイールやハロゲン式のフロントヘッドライトを見る限りではエントリーモデルだと思われますが、まさかこんな過激なモデルをニュージーランド・スズキが公式にて発表してくるとは思いませんでしたね。

スポンサーリンク

~「ジムニー」のパーツをしっかりと流用した拘りの一台~

リヤデザインはこんな感じ。
真後ろから見たら完全にトラック仕様だと思いますが、リヤテールランプはそのまま「ジムニー・シエラ」のユニットを上手く移植しているところは流石の一言。
軽トラよりも実用性はかなり高そうですし、引っ越しの際には大量の荷物を載せることもできて頻繁的に活用できるかもしれませんね。

インテリアはこんな感じ。フロントは従来モデルと特に変わらずで、道具感満載であることは確か。
ニュージーランドといえど、右ハンドル仕様なので日本に逆輸入しても”海外仕様”であることはわからなそうですね。

~窮屈そうなインテリアがトラックの最大の特徴かもしれない~

そしてこちらが運転席と助手席。
後ろのパーティションのおかげで、シートを倒すことができない窮屈さはトラックならではだと思います。
車中泊や仮眠をとるのはかなり難しいと思いますし、近場の移動用であれば問題なく活用できそう。

シート材質はもちろん撥水性のファブリックを採用。
田んぼ作業でもこういったモデルは活用できると思いますし、防汚対策もある程度施されているので、若者からお年寄りも幅広く愛されそうな一台に仕上がっています。

~過去にはピックアップトラック仕様のレンダリングも公開~

先ほどは2ドアタイプのトラック仕様の「ジムニー」をご紹介しましたが、今度は4ドアピックアップトラック風に仕上げられた「ジムニー」のレンダリングをご紹介。
レンダリングを作成したのは、フルモデルチェンジ版・日産「ジューク/パトロール」等の完成予想を手掛け、今一番現実的で完成度の高さを誇るKolesa.ru氏。

これまで、ピックアップトラックモデル風に仕上げられたレンダリングはあまり作成されてきませんでしたが、「ジムニー」本来の特徴的なフロントフェイスと、実際にラインナップされている「ブリスクブルーメタリック×ブラック」の2トーンカラー仕上げが何とも印象強く、より現実感が増した作品に仕上がっています。

こちらはリヤデザイン。
ちなみに説明が不足していましたが、今回レンダリングベースになっているのは、過激なオーバーフェンダーを装着した「ジムニー・シエラ」を使用。
足もとのホイールデザインを見るからに、15インチのアルミホイールを装着していることから上位グレードJCであることがわかりますね。

なお、スズキは今のところ4ドアピックアップトラックモデルの「ジムニー」を市販化する計画は無いものの、ルーフをぶった切って2ドアピックアップトラック風に改造したモデルは登場してくる可能性は十分高いと思います。

☆★☆スズキ新型「ジムニー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう