1970年式の日産「フェアレディZ”432R”」が約8,050万円にて超高額落札!50台未満の超希少車種で過去最高額を記録したコンペティションモデルだ

~ポール・ウォーカー所有のZも高額だったが、今回のモデルは桁違いだった~

先日東京にて開催されたBHオークションで、日産の1970年式となる超希少モデル「フェアレディZ432R」が超高額落札されたことが明らかとなりました。

今回落札された個体は、「ダットサン240Z(S30型)」をベースとしながらも、これのハイパフォーマンスグレードZ432を更にコンペティションモデル用として過激にカスタマイズしたのがZ432Rとなるそうで、何と製造台数は30台~50台と非常に少なく、どれだけ市場に残っているかも明らかになっていない超希少モデルとなります(シャシーナンバーはPS30-00289)。

スポンサーリンク

~エンジンは初代スカイラインにも搭載された直6ユニット~

なお、パワートレインは初代「スカイラインGT-R(Skyline GT-R)」と同じ排気量2.0L S20型直列6気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力160ps/最大トルク177Nmを発揮。このあたりは従来モデルと変わらない仕様になっていますね。

なおZ432と比べて大きく異なるポイントとしては、軽量化のために薄く作られたボディパネルやブラックのグラスファイバーボンネット、アクリル製サイドウィンドウ&リヤウィンドウを採用することで、車体重量100kgの軽量化に成功しています(車体重量は970kg)。

また、耐久レース用に改良された燃料タンクは100Lと非常に大きくなり、従来モデルの60Lよりも更に40L多くなっているとのこと。

ボディスタイルはフロントロングノーズの2ドアクーペスタイルで、デザイン性やスペックにおいても欧州モデルのラグジュアリーGTに匹敵するレベルといわれていましたが、今回落札された個体は更にスパルタン。

~インテリアも軽量化を極めるため実用性を無視~

インテリアにおいても、軽量化のためにラジオやヒーターは完全排除。

シートは完全固定式のフルバケットシートを採用していますね。
これで走行しようものなら腰が簡単に砕けてしまいそう。

センターコンソール周りもかなりシンプルですよね。
マニアにはたまらない作りになっています。

なおこのモデルの最終落札価格は約8,050万円ということで、「フェアレディZシリーズ」としては過去トップクラスを記録。
過去に出品された2006年式のポルシェ「カレラGT」や1963年式のフェラーリ「250GTE 2+2」を上回る結果となっています。

☆★☆「フェアレディZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:BH AUCTION

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう