マンチェスターユナイテッドのゴールキーパーでお馴染みセルヒオ・ロメロ選手のランボルギーニ「ガヤルド」が大事故でクラッシュ。奇跡的にもドライバは無傷だった件【動画有】

~今何かと話題の「ガヤルド」に度重なる不幸が…~

2020年1月20日(月)イギリス・マンチェスター州のキャリントンにて、マンチェスター・ユナイテッドのゴールキーパーでお馴染みセルヒオ・ロメロ選手が、ランボルギーニ「ガヤルドLP560-2(Lamborghini Gallardo)」にて練習に向かおうとしていたところ、ガードレールに突っ込んでしまう大事故が発生。

事故の詳細については不明ですが、早朝の氷点下に運転していたこともあり、路面もいくつか凍結していたところがあったために、おそらく走行中にスリップしてコントロール不能となりそのままガードレールに突っ込んだ可能性が高そうですね。

幸いなことに、セルヒオ・ロメロ選手は無傷でしたが、「ガヤルド」はフロント・リヤ共に大きく損傷していることを考えると、相当な修理費用が発生するものと考えられます。

スポンサーリンク

~セルヒオ・ロメロ選手は常に安全運転を心がけていただけに、今回の事故はあまりにも運が悪すぎた~

こちらが事故前に撮影された「ガヤルド」を運転するセルヒオ・ロメロ選手。
周りに対してのファンサービスを忘れない姿は素晴らしいですね。
なお、一部目撃者の情報によると決して乱暴な運転をするような人物でもなかったとのことですが、今回クラッシュしてしまったことは非常に残念に思いますね(先述にもある通り、無傷だったことが不幸中の幸い)。

こちらが事故後の「ガヤルド」のリヤエンド。
リヤバンパーが完全に外れてしまっていますが、おそらくスピンしながらガードレールに衝突した可能性が高そう。

コチラが事故後のフロント部分。
かなりの大ダメージですね…ですがこれだけの大ダメージを受けていながらも、スーパーカーの軽量アルミモノコックフレームは相当に頑丈なのだと思われます。

こちらは少し遠めから見た事故現場。
もう少しスピードがのっていて、更に勢いよく突っ込んでいたらガードレールを完全に突き破ってとんでもない事故につながっていたかもしれませんね。

【Lamborghini belonging to Sergio Romero wrecked after crash】

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう