これは酷い…まだ納車も始まっていないフルモデルチェンジ版・シボレー新型「コルベットC8」のホイールが盗まれる事件が発生【動画有】

~納車前にこういったことが起きることが非常に残念~

つい先日、アメリカ・アリゾナ州のスコッツデールにて開催されたバレット・ジャクソン・チャリティオークションに、生産第一号となるフルモデルチェンジ版・シボレー新型「コルベットC8スティングレイ(Chevrolet Corvette C8 Singray)」が約3.3億円という超高額値で落札され大きな話題を呼びましたが、今回は何とアメリカ・デトロイトのウェストビレッジ通りにてテスト走行を行っていた新型「コルベットC8」開発車両のホイールが全て盗まれてしまうという事件が発生しました。

上の画像を見てもお分かりの通り、一時的に路駐していたブラックのボディカラーに身をまとった新型「コルベットC8」の開発車両ですが、ほんのちょっと目を離した隙にホイール4本が盗まれ、サイドシルの下には無残にも縁石ブロックが置かれた状態になっています。

実はこうしたホイール盗難被害は年々増えているとのことで、最近では群馬県の榛名山麓にて、漫画「イニシャルD(頭文字D)」やスポーツカーをテーマにしたレーシングカフェを展開するD’z GARAGE Racing Cafe(D’zガレージ・レーシングカフェ)の展示車両4台分のタイヤ・アルミホイールが盗まれるという盗難被害も発生していましたね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~僅か短時間で行われた悪質且つスムーズすぎる犯行~

サイドから見てみるとこんな感じ。
エンジンはリヤミドシップとなるため、フロント部分は軽い設計になっているのでしょうね。フロントが浮き上がった状態にて完全放置されています。

縁石ブロック以外は特に何も設けられていないアンダー部分。
一部雪道や雨道などを走行したこともアリ、ボディ回りや下回りも結構汚れていますね(っというか初めて見た)。

いやいやいや…盗んだのはホイールだけかよ!
外されたホイールロックナットはその辺りに投げ捨てられていますね…ホイールを盗んだ犯人ですが、車両の取り扱いを見てもお分かりの通り大事にしない人物の可能性が高いです(盗まれた後のシボレーのエンジニアもかなりショックを受けていた模様)。

新型「コルベットC8」は、UAWストライキの関係で2020年2月より生産スタートし、3月に出荷がスタートしますが、おそらくギリギリまでテスト走行が実施される予定となっています。
ですが、今回のような悪質なホイールの盗難が行われるとなると、シボレーやGMもより一層に注意深くして行っていく必要が高そうです(僅かな路駐も許されない)。

そして、もしかすると近日中にインターネット販売サイト等にて、新型「コルベットC8」のホイールが販売される可能性もあるため、その商品を見かけた際は「これ、盗難品じゃね?」と疑ったほうが良いかもしれませんね。

☆★☆新型「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう