遂に来た!フルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型「SLクラス(R232型)」の開発車両が登場!2シータから2+2シータに変更の可能性も?!

~もしかしたらこれまでになく最高のロードスターとして登場するかもしれない~

これまで、メルセデスベンツ新型「Sクラス(S-Class)/Eクラス(E-Class)/Cクラス(C-Classs)」の開発車両が目撃されてきましたが、今回は遂にフルモデルチェンジ版となる新型オープントップスポーツモデル「SLクラス(Mercedes-Benz SL Class R232)」と思われる開発車両が目撃されています。

スポンサーリンク

~トップルーフはソフトトップ、シートレイアウトは2+2を採用?!~

2022年モデルとして登場するであろう新型「SLクラス」の開発車両ですが、今回目撃されている画像を見る限り、トップルーフは電動折り畳み式ハードトップルーフではなくソフトトップルーフを採用していることが確認できますね。

また乗車定員数については、これまで2シータレイアウトだったものが、今回のフルモデルチェンジにより2+2シータレイアウト(後席はあくまでも緊急用)に切り替わる可能性が高いといわれており、運転席・助手席のスペースも大きく確保されている可能性が高いとのこと。

~ハイブリッドエンジンも遂に採用へ?~

なお、メルセデスAMGのトップであるTobias Moers氏も、次期「SLクラス」については”現行よりもはるかにスポーティでドライビングダイナミクスと快適性をしっかりと両立する”と発表しており、更にはパフォーマンスを高めるために電動パワートレインの設定が計画されていると説明しましたが、以前にダイムラーが”AMG 73”の商標登録を行っていたことを考えると、おそらくはハイブリッドパワートレインを採用する「AMG GT73」(システム総出力800hp)同様に、「AMG SL73」も登場する可能性は十分に高いと思われます。

続いてプラットフォームについてですが、噂によれば新世代「AMG GT」と同じMSAプラットフォームを共有する可能性があるとのことで、新型「Sクラス」とは全く異なる上質さとスポーティさを上手く両立した走りを提供することが期待されています。

デビュー時期については明確になっていないものの、早くとも2021年末、遅くとも2022年内に登場することが予想されています。

☆★☆メルセデスベンツ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう