ポルシェがスーパーボウル向けに発表したテレビCMが大きな話題に。何とサプライズでマイアミブルーの新型「911(992)GT3」が登場している?【動画有】

~今年のスーパーボウルは一味も二味も違う。やはりポルシェの登場は相当な影響力を与えそうだ~

今年で54回目を迎えるアメリカンフットボールの祭典ともいうべきスーパーボウル(Super Bowl LⅣ)ですが、今回はアメリカ・フロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムにて2月2日より開催されることが確定していて、更に1997年の登場以来23年ぶりとなるポルシェが、スーパーボウル向けのテレビCMを先行公開しました。

今回ポルシェが公開した「The Heist」と呼ばれるタイトルのテレビCMでは、ポルシェの旧世代モデルから最新世代モデルが総出で登場する豪華な内容になっており、更には新世代ハイパフォーマンスモデルとなる「911(992)GT3」がイースターエッグとして登場している?とも話題になっていますね。

ちなみにこのCMの内容としては、ポルシェ博物館に展示されている電気自動車の新型「タイカン」を、”静かな電気自動車の特性”を利用して泥棒が盗み、その後警備員たちによって展示車のポルシェを使ってカーチェイスを行うものの(その迫力は映画のティーザー映像並みに過激)、途中で張り込みをしている上司の警察官にバレてしまうという、ちょっとユーモアあふれる内容にもなっていますね。

スポンサーリンク

~近々ポルシェは新型「911(992)GT3」を発表するのかもしれない~

そしてこちらが最も注目されたシーン。
以下の動画の開始44秒辺りで確認できるのですが、赤丸の通りマイアミブルーの新型「911(992)GT3」と思われる個体が密かに登場しています(しかもその手前にはマイアミブルーの新型「718 GT4」も確認できる…)。

「911(992)GT3」には、かなり分厚めのリヤウィングやセンターロックホイールが装着され、テールライトは直結タイプのセンターストリップを採用しているように見えますね。
もちろん、この個体が100%「911(992)GT3」とは言い切れないものの、このテレビCMをきっかけに、もうじきポルシェから公式発表するための隠れたメッセージ(まさにイースターエッグ)なのかもしれません。

噂によれば、新型「911(992)GT3」は排気量4.0L 水平対向6気筒エンジンを改良したものを搭載する予定だそうで、991.2世代のスピードスターから派生した最高出力550hpを発揮するエンジンになる?とも言われています。
トランスミッションも、MT/PDKの2種類がラインナップ予定だそうで、リヤウィングレスのTouring(ツーリング)グレードも設定される可能性がありそうです。

それにしても…先述にもある通りこのカーチェイスは本当に凄い迫力ですね…
映画のワンシーンにありそうですが、ポルシェが約23年ぶりに復活を遂げたテレビCMとしては十分すぎる内容ではないかと思います。

ちなみ個人的に一番好きなシーンは、バックしながら逃げるピュアEV仕様の「タイカン」に対して、PHVモデルの「918スパイダー」が追いかけるところ。
これは見ていてドキドキします。

【Porsche “The Heist” Official Big Game Commercial 2020 – Extended Cut】

☆★☆スーパーボウル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう