【発表・発売は6月17日!】フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」の最新情報公開!グレードはやはり2種類、ボディカラーは全7色、録画機能付きデジタルインナーミラーも全車設定へ

2020-01-29

~遂に新型「ハリアー」の一部詳細情報が解禁!~

先日、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota Harrier)」に関する情報がリークされていましたが、この度ようやくトヨタ・ディーラでも最新情報が配布されたとのことで、早速ディーラに訪問し独自取材させていただきました。
本格的に購入を検討している一台でもあるので、かなり細かい情報を教えていただきました。

メーカから配布された情報によれば、既にワールドプレミア時期や生産時期、発表・発売時期も明らかになっていますので、これらの情報も含めて、今回は概要をまとめて以下にて公開していきたいと思います(ただし、デザインはまだ公開されていません)。
※今回は概要をメインに公開していくため、更なる詳細となる情報は後日公開していく予定となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速新型「ハリアー」の詳細情報をチェックしていこう~

①:ボディスタイルやサイズについて

まず、今回発売される新型「ハリアー」についてですが、既に国内市場でも大成功を収めている新型「RAV4」と共に多様化する顧客のニーズに応えることを目的に販売されるとのこと。
そして、武骨でオフロードを前面に押し出した新型「RAV4」とは異なり、プレミアム感とシティ感を演出するのが今回の新型「ハリアー」になります。

そのため、ボディスタイルとしては、非常に滑らかで流麗なスタンスの良いプロポーションになるとのことですが、新世代プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用することにより、ボディサイズは現行モデルに比べて全長と全幅が大きくなり、全高は低くなるクーペSUVになるとのこと。

具体的な新型「ハリアー」の主要諸元は以下の通り。

【新型「ハリアー」主要諸元一覧(ガソリンとハイブリッド共通)】

全長4,740mm(現行比+15mm)×全幅1,855mm(現行比+20mm)×全高1,660mm(現行比-30mm)
ホイールベース:2,690mm(現行比+30mm)
最低地上高:195mm
トレッド(前/後):1,605mm(現行比+45mm)/1,625mm(現行比+65mm)

②:エンジンラインナップとグレードについて

続いてグレードについてですが、これは以前より噂されていた通り、新型「RAV4」同様に排気量2.0L 直列4気筒直噴エンジンのガソリンタイプと、排気量2.5L 直列4気筒+電気モータを組み合わせたハイブリッドタイプの2種類がラインナップされ、2.0Lターボエンジンが廃止となります。
そして、ガソリンタイプとハイブリッドタイプそれぞれに前輪駆動(2WD)/四輪駆動(4WD・E-Four)が設定されるので、この辺りは新型「RAV4」と大きく差別化しているところではないかと思いますね。

そして気になるグレードラインナップですが、以下の通り各タイプ全く同じ名称にて5グレードにてラインナップされます。

【新型「ハリアー」グレード別一覧】
[ガソリンタイプ&ハイブリッドタイプ(FF/4WD)]
・S(エントリーグレード)
・G(中間グレード)
・G”LeatherPackage”
・Z(上位グレード)
・Z”LeatherPackage”

③:グレード別主要装備内容

各グレードの装備内容を見ていきましょう。
エントリーグレードでも十分な内容になっていますが、とりあえず現時点で判明している内容をまとめたいと思います。

【新型「ハリアー」グレード別装備内容一覧】

[S(エントリーグレード)]
・パラボラ式LEDヘッドランプ
・フロントフォグランプ(ディーラオプション)
・タイヤサイズ:225/65R 17インチ
・フロント・リヤバンパーは素地
・リヤルーフスポイラーはハイマウントストップランプ(HMSL)+サイド素地+ブラック塗装
・ドアハンドルはボディカラーと同色
・ファブリックシート
・メータは4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
・本革巻きステアリングホイール(シルバー塗装)
・シフトレバー&ノブは本革巻き+加飾・ブーツ有

[G(中間グレード)/Z(上位グレード)]
・プロジェクタ式LEDヘッドランプ
・LED(ホワイト)フロントフォグランプ
・タイヤサイズ:[G]225/60R 18インチ、[Z]225/55R 19インチ
・フロント・リヤバンパーは素地+メッキ加飾
・リヤルーフスポイラーは[G]ハイマウントストップランプ(HMSL)+サイド素地+ブラック塗装、[Z]ロングHSML+サイド塗装(グロスブラック)+ボディカラー
・ドアハンドルはメッキ
・シートは[G&Z]合成+ファブリック、[LeatherPackage]が本革
・メータは7インチマルチインフォメーションディスプレイ
・ステアリングホイールは[G&Z]本革巻き(ブラック塗装・メッキ加飾)、[LeatherPackage]G&Zにステアリングヒータ付
・シフトレバー&ノブは本革巻き+加飾・ブーツ有

④:ボディカラー・インテリアカラー一覧

続いてボディカラーですが、新型モデルでは全7色をラインナップするとのことで、しかし今のところ2トーンの予定は無しとのこと(発表前に2トーンの可能性もあり)。
ボディカラー一覧は以下の通りですが、そのほとんどが新色となっています(合わせてインテリアカラーも)。

【新型「ハリアー」ボディカラー一覧】

[ボディカラー]
・ホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)

・ブラック
[NEW]スレートグレーメタリック
[NEW]プレシャスブラックパール(有料色)
[NEW]センシャルレッドマイカ(有料色)
[NEW]スティールブロンドメタリック
[NEW]ダークブルーマイカ

[インテリアカラー(ファブリック合皮)]
・シート色:ブラック/内装色:ブラック
・シート色:ブラック/内装色:ブラウン
・シート色:グレー/内装色:グレー

[インテリアカラー(本革)]
・シート色:ブラック/内装色:ブラック
・シート色:ブラック/内装色:ブラウン

~何とデジタルインナーミラーを採用へ!気になる発表・発売時期やスケジュールは?~

この他の装備内容としては、最新Toyota Safety Sense(安全装備内容は後日公開)が全車標準装備となり、録画機能付きのデジタルインナーミラーが全車にて設定可能となっています(Gグレード以上は標準装備、Sはメーカオプション扱い)。
更には次世代DCMとディスプレイオーディオが全車標準装備、AppleCarPlay/Android Autoなども標準装備となっているため、非常に充実した装備内容になっているのではないかと思います。

そして最後に発表・発売スケジュールについてですが、詳細は以下の通りとなっています。
メーカからの回答となるため暫定となりますが、もしかすると変更が入る可能性もありますのでご注意を。
そして、具体的なグレード別の価格帯と見積もり開始時期については、今のところ4月を予定しているとのことです。

ワールドプレミア:2020年4月8日(水)
生産開始時期:2020年6月8日(月)
記者発表・発売:2020年6月17日(水)
店頭発表:2020年7月上旬

今回はここまでとなりますが、次のブログでは、安全装備となるToyota Safety Senseや細かい主要諸元(エンジンスペック等)も公開していきたいと思います。
新型「ハリアー」を検討されている方、気になる方は定期的なチェックをよろしくお願いします!

☆★☆新型「ハリアー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう