セキュリティ大丈夫?フルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型「Sクラス(W223型)」が完全リーク。クロームメッキフル活用で、エアインテークも大口化に?

~新型「Eクラス」のリークに加えて新型「Sクラス」までもリークとは…~

先日、メルセデスベンツのマイナーチェンジ版・新型「Eクラス(Mercedes-Benz New E-Class)/AMG E63」のフロント・リヤデザインが完全リークしていましたが、今度は同社フラッグシップセダンモデルで、フルモデルチェンジン版となる新型「Sクラス(S-Class W223)」が完全リークしています。

おそらくメルセデスベンツの組み立て工場にて撮影されたものだとは思うのですが、こうして見るとメルセデスのセキュリティや監視レベルって大丈夫なのか?と思ってしまう程。今後新たなリーク画像も公開されるかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~フラッグシップセダンらしくクロームメッキをフル活用~

さて、改めてリークされた新型「Sクラス」の画像を見ていくと、フロントグリルデザインは現行モデル同様にクロームメッキ仕上げとなる3本のフラットバーが設けられていることが確認できます。
そしてその下にあるフロントロアグリルについてですが、現行モデルではなかったクロームメッキフレームが積極的に採用され、特にエアインテーク周りのクロームメッキフレームの主張はかなり強く、ラグジュアリー感に加えてスポーティ感も演出されているように感じます。

フロントヘッドライトのデザインも変更になるといわれていましたが、こうして見ると少し釣り目に近い感じで、新型「Cクラス/Eクラス」に近いデザインにも思えます(もしかしたらちょっと見分けがつかないレベルになるかも?)。

そしてフロントフェイスより上部については明確にはわからないものの、ドアハンドルはメッキ仕上げでポップアップ式のように見えますね。グレードによってはドアハンドル式が採用される?との噂もありますが、この辺りはまだまだ不明確なままとなっています。

~インテリアは先進的且つほぼディスプレイで占領される?~

今回のリーク画像では、インテリアデザインは確認できないものの、以前より目撃されている開発車両を参考にすると、巨大なタッチスクリーンはもちろんのこと物理スイッチをほぼ排除することですっきりとしたインパネへと進化。

更にセンターコンソールには、MBUXインフォテイメントシステムをアップデートし、巨大なポートレートモードのタッチスクリーンも搭載される予定となっています(ほとんどディスプレイで埋め尽くされてる感はありますが…)。

~エンジンは基本的にマイルドハイブリッド、V12エンジン搭載の可能性も~

プラットフォームはMRAが搭載されるとの情報があり、パワートレインはガソリンとディーゼルの両方がラインナップされる予定。
具体的には、排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジン+マイルドハイブリッドシステム(最大出力367ps/最大トルク500Nm)と排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン+マイルドハイブリッドシステム(最大出力490ps/最大トルク699Nm)の採用が期待されています。

V型12気筒エンジンのラインナップも期待されていますが、これについてはまだまだ明らかにされていないため何とも言えないところ。
ただ、排ガス規制や騒音規制を考慮してプラグインハイブリッドもしくはマイルドハイブリッドを組み合わせるのでは?との噂もあるそうです。

☆★☆「Sクラス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう