フルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型「Sクラス(W223型)」のステアリングが完全リーク。新型「Eクラス」同様に独特のツイン3スポークタイプでスポーティに

~一体どこまでリークするんだメルセデス!~

先日、メルセデスベンツのフルモデルチェンジ版・新型「Sクラス(Mercedes-Benz New S-Class W223)」が完全リークしていましたが、今度は何と同車用と思われるステアリングホイールが完全リークすることに。

今回リークしているステアリングホイールデザインですが、先日プロトタイプモデルの先行公開されたマイナーチェンジ版・新型「Eクラス(New E-Class)」と同じデザインのいデュアル3スポークタイプに変更され、更によ~く見てみると、ステアリングホイール上に設けられているスイッチは物理スイッチタイプになっていることが確認できます(タッチパネル式になる?との噂もありましたが、シンプルに物理スイッチを採用)。

スポンサーリンク

~デザインは大幅に変更され、ラグジュアリーではなくスポーティな印象に~

そして大きく注目したいところはステアリングの形状でしょうか。
真円タイプではなく、スポーティさを強調するフラットボトムを採用しており、かなり引き締まった印象と、これまでのラグジュアリー志向から少しスポーティな志向へと移行されるような雰囲気さえ漂うデザインに仕上がっています。

ステアリングは太く、握りやすさを向上させているような工夫も見受けられ、操作性はそれなりに高そうに思いますね。
ただ、このステアリングが確実に新型「Sクラス」に採用されるか?と言われるとそうではなく、もしかすると新型「AMG E63/Cクラス/EQS」等に採用される可能性もありますし、もしかしたらAMG Line専用のスポーティタイプのステアリングホイールの可能性もありそう。

いずれにしても、新型「Sクラス」もおおむね約3か月ほどで発表される大注目の一台ですから、どこまで進化する一台なのかは注目したいところ。
そして公式発表までに、どれだけ新型「Sクラス」の情報がリークしてしまうのかも気になるところではありますね。

~改めてリークされた新型「Sクラス」を見ていこう~

ちなみにこちらが、前回リークされた新型「Sクラス」の画像。
フロントグリルデザインは現行モデル同様にクロームメッキ仕上げとなる3本のフラットバーが設けられていることが確認できます。
そしてその下にあるフロントロアグリルについてですが、現行モデルではなかったクロームメッキフレームが積極的に採用され、特にエアインテーク周りのクロームメッキフレームの主張はかなり強く、ラグジュアリー感に加えてスポーティ感も演出されているように感じます。

フロントヘッドライトのデザインも変更になるといわれていましたが、こうして見ると少し釣り目に近い感じで、新型「Cクラス/Eクラス」に近いデザインにも思えます(もしかしたらちょっと見分けがつかないレベルになるかも?)。

そしてフロントフェイスより上部については明確にはわからないものの、ドアハンドルはメッキ仕上げでポップアップ式のように見えますね。グレードによってはドアハンドル式が採用される?との噂もありますが、この辺りはまだまだ不明確なままとなっています。

☆★☆「Sクラス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう