今日のプリウス…レクサス「LS」のスピンドルグリルを移植したラグジュアリー仕様?のトヨタ「プリウス」がカーセンサーにて販売中

~これまで見てきた中で圧倒的なグリルを持つ「プリウス」かもしれない~

過去これまで、レクサス仕様にカスタムされたトヨタ「プリウス」が登場してきましたが、今度はインターネット中古車サイト・カーセンサーにて更に過激さを増したレクサス仕様のトヨタ「プリウス」が販売されています。

このモデルの販売元となっているのは、大阪府寝屋川市を拠点とするプリウス専門店・カスタムコンプリートカー専門店・DOUBLES PRODUCEさんで、デザインとしてはレクサス・フラッグシップセダン「LS」のスピンドルグリルやエアインテークを装備した専用フロントバンパーが移植されたラグジュアリー仕様?の「プリウス」となっています。

スポンサーリンク

~真っ先に思うことは「よくこれだけのバンパーを移植することができたなぁ…」~

これまで見てきたレクサス仕様の中でも、圧倒的な面積を持つスピンドルグリルと迫力さを持つ「プリウス」ですが、そもそもこの移植型のバンパーを装着することができていることに驚き。
相当な工夫を施さない限り、ここまで過激なバンパーを移植することは難しいとは思うのですが、ここに更にフルエアロキットやワンオフ仕様のフロントヘッドライトも装備しているとのことで、カスタム費用も相当にかかっていることは間違いないでしょうね。

ちなみにこちらがワンオフ仕様のカラーアイヘッドライト。
LEDの特徴を活かして、そのときのシチュエーションに合わせてヘッドライトカラーを変更することが可能だそうですが、そもそもこれで車検が通るのか?というのも疑問に思うところ。

~カスタムモデルとしては安定のシャコタン仕様~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
足回りについては、ローダウンを施すことでゴリゴリのシャコタン仕様に。
より重心を低くすることで走行性能を向上させているとのことですが、乗り心地がどこまで変化しているのかも気になるところです。

足元には大口径タイプの19インチアルミホイールを装着。
ブラックペイントの5スポークタイプに、ブラックの5穴ロックナットを使用することで更に引き締めを強化しています。

リヤデザインはこんな感じ。
ダミータイプのエキゾーストフィニッシャやリヤディフューザーの一体型が装着され、よりワイド&ローが強調されたリヤデザインに変化。

リヤテールランプは純正なのでしょうか?ちょっとスモークがかかっているようにも見えます。
ちなみにリヤエンドのエンブレムがトヨタのCIマークになっていますが、フロントがレクサスのエンブレムなのであれば、どちらかのエンブレムに統一してほしかったところですね(この辺りはさすがに中途半端)。

~インテリアは非常にシンプルながらも、要望に応じて本革カバーも~

インテリアはこんな感じ。
ベースとなっているグレードが1.8Sということで、車内は非常にシンプルですね。

シートはこんな感じ。
メイン部分はファブリック、サイドやヘッドレスト部分は合成皮革のコンビシートに仕上げられていますが、要望に応じて様々なカラーのレザーカバーを装着することが可能ださそうです。

なお今回販売されている個体は、2016年式の50系前期で、走行距離は3.8万kmとそこそこに走りこまれています。
ちなみに、これだけの装備が施されていて車両本体価格は248万円からの販売となっています。

☆★☆「今日のプリウス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:カーセンサー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう