”悪魔のZ”でお馴染み日産「フェアレディZ(ダットサン240Z)」が”悪魔価格”にて販売中。低走行でその価格はフェラーリやランボルギーニ並みの約3,360万円から

~遂に旧世代「フェアレディZ」も投機目的の一台になってきたか…~

漫画「湾岸ミッドナイト」にて、主人公の朝倉アキオの乗る日産「フェアレディZ(ダットサン240Z/S30型)」で、通称”悪魔のZ”とも呼ばれているモデルが、海外の高級車販売ディーラBring a Trailerにて販売されています。
ボディカラーは、残念ながらミッドナイトブルーではないものの、いかにもイギリス車のようなブリティッシュグリーンにペイントされた激渋な一台となっています。

スポンサーリンク

~全てにおいて美しさが際立つほど。厳重に維持されていたのだと考えられる~

年式としては1971年と約50年前となりますが、ボディコンディションはとても良く、ほぼほぼ傷のついていない極上品となります。
走行距離も約3.5万kmと非常に少ないですし、エンジンコンディションや下回りのさび止めもしっかりと施されているので、今でも問題なく走行可能。

元々このモデルは、アメリカ・インディアナ州マリオンのマンソン・ダットサンズ氏(ジェームズ・マンソン氏の息子)によって購入されたものだそうで、その後友人の歯科医に売却された僅か2オーナー。

最後にメンテナンスを行ったのは、2019年12月とかなり最近で、キャブレターの調整やオイル交換、タイヤの新調、ディテール部分の修正、更にはボディコーティングを実施するなど、かなり隅々まで手が行き届いています。

~インテリアは新車並みの美しさがキープされている~

インテリアはオレンジ系に近いブラウンカラーですが、それよりもこの質感の高さと、ほぼ劣化していないメンテナンス性の高さはとんでもないですね。

シート類も全くヨレることなく、非常に美しい状態をキープしています。

センターコンソール周りもとんでもない美しさですね…ここまで維持するには生半可な気持ちでは無理だと思います。

下回りも非常に美しいです。サビは全くありません。

~気になるその価格は?~

エンジンもほぼ汚れずでとても美しいですね。
ちなみに、このモデルを購入した当時の販売価格は約260万円だったそうですが、今回の中古車販売価格は脅威の約3,360万円からと、ベントレー「ミュルザンヌ」やランボルギーニ「ウラカン」、フェラーリ「488GTB」等が購入できるほどに超高額。

まさに悪魔の価格ともいえるこのモデルですが、これだけ美しく保管されており、今でも元気に走行できるということを考えると、ある意味納得できる価格帯ですし、「スカイラインGT-R」に続いて今後間違いなく転売・投機目的の対象になると思われます。

☆★☆「フェアレディZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう