大人気ユーチューバーのヒカキン&セイキンがランボルギーニ「アヴェンタドールS」でやりたい放題!更にセイキンが所有するレクサス「LS500h」とトヨタ「アルファード」含めての駐車場代&保険代の維持費も明らかに!【動画有】

~ある意味この二人だからこそできる検証動画なのかもしれない~

国内ユーチューバーではトップクラスの人気を誇り、世界でも稀に見る兄弟ユーチューバーで成り上がりを見せた弟ヒカキン(HIKAKIN)氏と兄セイキン(SEIKIN)氏。
今回、兄のセイキン氏が所有するランボルギーニ「アヴェンタドールS(Lamborghini Aventador S)」を用いて謎の検証動画を行うというものですが、これが中々にやりたい放題。

ある意味炎上覚悟ともいうべき内容になっていますが、早速どんな遊びを披露してくれるのか?加えてセイキン氏が所有するランボルギーニ「アヴェンタドールS」とレクサス「LS500h」、そしてトヨタ「アルファード」3台の駐車場代と保険代をリアルに公開しているので、その情報も見ていきましょう。

スポンサーリンク

~「アヴェンタドールS」を手押しするというクレイジーな検証を行ってみた~

今回ヒカキン氏が行うのは、「アヴェンタドールS」を手で押すことができるのか?という検証動画となっていますが、単純に兄弟での力比べといったところでしょうか。
ちなみに、「アヴェンタドールS」の車体重量は1,575kgとそれなりに重く、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンがリヤミドシップに搭載。

ギアをニュートラル(N)にした状態で、どこまで手押しすることができるのか?早速見ていきましょう。

まずはフロントからバック方向に向かって押してみましょう。
中々こうした危険且つダイナミックな検証動画も珍しいのではないかと思いますが、ニュートラル(N)にしている状態で、車内に誰も居ないというのはちょっと怖いものがありますね。

何とか少しずつバック方向に手押しするヒカキン氏。
何ともシュールすぎる光景です。

続いては兄のセイキン氏が、自分の「アヴェンタドールS」を手押しするシーン。
これもまたシュールな光景です。

その後、後方から進行方向に向かって手押しするヒカキン氏。
もはや何がやりたいのかよくわからない内容に。

今度は両サイドから手押しをして、どちらがより多く手押しすることができるか勝負。

~遂にルーフに乗っかってしまったオーナーのセイキン氏~

そして兄セイキン氏が、遂に壊れたのか「アヴェンタドールS」のルーフに乗っかって過激なポーズ。
ある意味、今まで見たことのなかった光景ですね。

~検証後は車内で兄弟トーク。遂に維持費に関する情報が!~

そして最後は「アヴェンタドールS」をドライブしながらも兄弟トーク。
兄セイキン氏が所有するランボルギーニ「アヴェンタドールS」とレクサス「LS500h version L」、トヨタ「アルファード・エグゼクティブラウンジS」の3台の駐車場代と保険代(維持費)に関するトークが行われていますが、何と車3台の月の駐車場代は約18万円とのこと(1台辺り約6万円)。
つまり駐車場代だけで年間 約216万円もかかっているんですね…これは恐ろしい。

そして保険代が3台合わせて約100万円かかるか、かからないか?ぐらいとのことで、駐車場代もあわせると年間で約300万円の維持費がかかっているとのこと。

もちろん、東京都内の駐車場を利用していることもあり、この辺りは地域によって維持費は異なるものの、それでもスーパーカー含め車を複数台所有することによる膨大な維持費がかかることをリアルに教えてくれるセイキン氏も凄いですが、そういった維持費も支払えるだけの収入を安定的に得られているのもトップユーチューバーの凄いところだと思いますね。

【ランボルギーニを手で押して動かす男ヒカキン!!!【アヴェンタドールS】】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう