ホンダが大阪オートメッセ2020の出展概要を発表!新型「フィット4/シビック・タイプR」のほか、あの過激なMT仕様の新型「N-ONE」も登場するぞ!

~大阪オートメッセ2020の出展概要がようやく明らかに~

ホンダは、2月14日(金)~16日(日)までインテックス大阪にて開催される大阪オートメッセ2020での出展概要を発表しました。

今回出展される個体は、1月に開催された東京オートサロン2020とほぼほぼ同じ内容になるものの、やはり大きな注目を受けているフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT 4)」をはじめ、新型「S660/N-ONE」等の過激カスタムモデルなども出展されるため、かなり盛り上がりを見せるのではないかと思いますね。

スポンサーリンク

~早速ホンダの出展概要を見ていこう~

少し細かく見ていくと、こちらが新型「フィット4」をベースにしたカスタマイズモデルとなる「MUGEN FIT Prototype」。
タイプとしてはDashとSkipがありますが、おそらくこの2グレードが大阪オートメッセにて出展されると思われます。

こちらも新型「フィット4」をベースにしたカスタマイズモデルの「FIT Modulo X Concept」。
フロントバンパーを一式交換することでアグレッシブさを演出していますが、既にディーラオプションでも選択できる市販パーツでもありますね。

こちらは1月にマイナーチェンジ版として発売された新型「シビック・ハッチバック(Civic Hatchback)」。
残念ながらセダンタイプは出展されない模様。

そしてこちらは、2020年8月に発売されるマイナーチェンジ版・新型「シビック・タイプR(Civic Type R)」。
欧州生産ではなく、日本国内の寄居工場にて製造されることが決定しています(ホンダ技研の開発担当談より)。

そしてこちらは、今年秋ごろ以降に登場する予定のフルモデルチェンジ版・新型「N-ONE」をベースにしたカスタマイズモデル”N-ONE Cafe Racer Concept”。
新型「N-WGN/N-WGN Custom」同様に、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが標準装備され、更に6速MTも設定されるという変態モデルとなります。

こちらはとんでもなくヤバすぎるカスタムモデルの新型「MUGEN S660 Concept」。
市販化も想定しているそうですが、カーボン盛り盛りでエクストリームな一台に仕上げられていますね。これで公道が走れるのかが気になるところです。

このほかにも、新色のインディイエローパールⅡを設定した「NSX」や「CR-V BLACK EDITION Custom Concept with THE CHECK SHOP/S660 Modulo X」等も出展される予定となっています。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:HONDA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう