フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「ヴェゼル」が2021年3月に登場するとの噂が浮上。フロントデザインは三菱風?!気になるボディサイズや予想価格も公開

~どうやらベストカーによれば新型「ヴェゼル」はかなりアグレッシブになると予想しているようだ~

ホンダの大人気コンパクトSUVモデルとなる「ヴェゼル(Honda Vezel)」が、2021年3月にフルモデルチェンジ版として新たにデビューするとの噂が浮上しています。

まだ2020年に入ったばかりで大分先の話になってしまいますが、自動車情報誌ベストカーの情報によれば、新型「ヴェゼル」のエクステリアデザインは現行モデルよりも更にアグレッシブな顔つきになり、そのデザイン性は三菱・新型「デリカD:5/RVR」といった釣り目のヘッドライトに仕上げられ、フロントグリルはVモーショングリル風の大口化されたものに仕上げられると予想されています。

スポンサーリンク

~クーペSUVとは言いながらも、全幅は変わらずに全長を延長、車高を低くするのみ~

そしてボディスタイルについては、新世代プラットフォームを採用することにより、ボディスタイルはグローバルモデルとしての展開も見計らってクーペ風SUVに改良され、それでいてボディサイズも全長を延長することで車内の居住性を大きく向上させるかもしれないとのこと。

なおベストカーが予想しているボディサイズは、全長4,400mm×全幅1,790mm×全高1,590mm、ホイールベース2,610mmと現行モデルに比べて全長+60mm/全高-15mmになるとか。

~ハイブリッドエンジンはe:HEVを採用へ~

パワートレインについては、フルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT 4)」同様に排気量1.5L 直列4気筒i-VTECエンジン+デュアルモータを組み合わせたハイブリッド(e:HEV)が採用されるとのことで、エンジン出力109ps(モータ出力131ps)/最大トルク134Nmを発揮する一方で、1.5Lターボエンジンについては不明なままとのことです。

なお、新型「ヴェゼル」の価格帯についてですが、ベストカーは230万円~300万円と予想。
現行モデルは、約211万円~約286万円(モデューロXは除く)にて販売されているため、安全装備や質感の向上、新世代プラットフォームを採用することを考えると、妥当な価格設定なのかもしれませんね。

~一方で自動車情報誌マガジンXは2020年12月に登場すると予想~

自動車情報誌ベストカーは2021年3月に登場すると説明していますが、一方で自動車情報誌マガジンXは2020年12月にフルモデルチェンジすると予想しています。

なおマガジンXの情報に参考にさせていただくと、新型「ヴェゼル」のフロントフェイスは、ベストカーの予想とは全く反対で、これまで採用されてきたアグレッシブなフロントフェイスではなく新型「フィット4」のように柴犬ような柔らかくキュートな印象を受けるデザインとなる可能性があるとのこと。

この他にも、プロジェクタ式の二眼LEDヘッドライトやU字型をイメージしたLEDデイタイムランニングライト、そしてフロントグリルは最小限に抑えられたデザインとなり、「フィット4」のSUVテイストグレードとなるCROSSTAR(クロスター)に近い印象に。

プラットフォームについても、新世代ホンダ・アーキテクチャを初採用するとのことですが、これにより現行モデルよりも剛性や車体重量の軽量化はもちろんのこと、近年のトレンドにもなっているロングホイールベースの延長と車高のローダウンによるクーペSUVチックなスタイリングになる可能性が高いとのことです。

☆★☆ホンダ「ヴェゼル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう