スズキ新型「ジムニー」に新たなライバル登場か?!フォード新型「トローラーTX4」が世界初公開!ゴリゴリのオフロードクロカン、200馬力発揮のディーゼル仕様だ!

~ただし南米市場専売モデルとなるようだ~

アメリカの自動車メーカ・フォードが、突如としてレトロチックなデザイン性を持つ最新コンパクト・クロカンモデル「トローラーTX4(Ford Troller TX4)」を世界初公開しました。

見た目からしてゴリゴリのオフロード感漂うデザインと、スタックを防ぐための足回りやサスペンション、多数のパーツを備える頑丈なボディオンフレーム構造を採用することで、スズキ新型「ジムニー(Suzuki Jimny)」とも十分に対抗できる一台となっています。

スポンサーリンク

~見た目はジープ「ラングラー」風?だけど2ドア仕様の「ジムニー」対抗モデル~

ただ、このモデルはアメリカ市場ではなく、南米市場(ブラジル)をメインに発売する個体だそう。
今回発表されたTX4と呼ばれるグレードは、最上位グレードモデルとしてシュノーケルのエアインテーク、サイドステップ、スチールロールバー、LEDヘッドライト、ピレリ製スコーピオンMTR 245/70R 17インチタイヤを標準装備。
ボディカラーは、ネイビーブルーがフロントエンドに設定され、ボディ部分にはトランコーゾブラウンやマラゴージグリーン、フロストシルバーから設定することが可能になるとのこと。

気になるパワートレインについては、排気量3.2L 直列5気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力200hp/最大トルク470Nmを発揮。
トランスミッションは、AT/6速MTの何れかから選択が可能になっています。

~インテリアもレトロ風デザイン~

インテリアはこんな感じ。
非常にシンプルなデザインにまとめられていて、エンジンスターターは、スマートキーではなくイグニッションキーをねじるタイプのレトロな感じがまた良い味を出していますね。
このほかにも、インパネにはAndroid Auto/Apple CarPlayを採用した6.75インチのナビゲーションディスプレイを搭載。

デザイン性においては、エアコン回りやシート、内ドアパネルにはオレンジのアクセントが追加されています(この辺りはちょっとスズキ「ハスラー」っぽい)。

センターコンソールはこんな感じ。
センターシフトノブの他にも、ロック式リヤディファレンシャルスイッチが装備されています。

なおこのモデルは、先述の通りブラジル市場のみでの販売となり、約430万円からの販売となります。

☆★☆「ブロンコ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう