今日のプリウス…インターネット中古車サイト・カーセンサーにて、何ともユニークなフロントマスクを持つトヨタ「プリウス」が販売中

~レクサス「LS」風スピンドルグリルに続いて個性的な顔を持つ「プリウス」も販売中~

以前、インターネット中古車サイト・カーセンサーにて、レクサス「LS」のスピンドルグリルに移植した過激なトヨタ「プリウス(Toyota Prius)」が販売されていましたが、今回は何ともユニークな顔つきの「プリウス」が販売されています(販売ページはコチラ)。

今回もこのモデルを販売しているのは、大阪府寝屋川市の「プリウス」専門店DOUBLES PRODUCEさんで、画像を見ての通りフロントバンパーを移植した過激カスタムモデルに仕上げられています。
このカスタムバンパーは、アフターパーツメーカでお馴染みとなるVALD International(ヴァルド・インターナショナル)が販売する専用ボディキットの一種で、フロントグリルを思いっきり横伸ばしにしたようなユニークなフロントマスクに仕上げられていますね。

スポンサーリンク

~フロントバンパーのデザイン次第で50系後期風にも見える不思議なバンパー~

真正面から見てみるとこんな感じ。
レクサス「LS」のスピンドルグリルを移植したフロントマスクも中々に過激でしたが、今回のフロントバンパーも中々にアグレッシブ。

ちなみにこのモデル、世代としては50系前期仕様(フロントヘッドライトが涙目っぽい)なのですが、フロントバンパーのデザインの関係で涙目(ウィンカー)の部分が隠され、50系後期風に変化しているのも面白いところですね。

なおフロントヘッドライトの点灯パターンは4種類あるようで、レッドやブルー、パープル、グリーンとその場所に応じて様々な表情を演出することも可能。
暗闇の中でどれだけの存在感を発揮するのか非常に気になるところです。

~過激なのはフロントマスクだけではない!~

サイドから見てみるとこんな感じ。
サイドスカートを装着し、更に足回りには車高調をインストールすることでガクッとローダウンしていますね。
その影響もあってか、リヤタイヤがモロにフェンダーで被さってホイールリムと接触しそうになっています。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプのデザインを見るからに、50系前期であることがわかりますが、スモークがとんでもないことに。
これでテールランプが点灯したらどうなるんでしょうね…

更にブラックペイント処理されたリヤディフューザーや、両サイド2本出しのクワッドエキゾーストインストールされてかなりアグレッシブ。

インテリアは至ってシンプル。
特にこれといったカスタムは施していないように感じられますね。
なお年式は2016年式で、走行距離は5.1万kmとそこそこに走り込まれていますが、車両本体価格は218万円からとなります。

☆★☆「今日のプリウス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう