【世界初】大人気ユーチューバーのヒカキン&セイキンがランボルギーニ「アヴェンタドールS」で車中泊してみた!食事・ゲーム・睡眠を全てランボルギーニの車内で行うのは地獄?【動画有】

~おそらくランボルギーニでの車中泊動画は世界規模で見てもセイキン氏/ヒカキン氏が初だと思う~

国内ユーチューバーではトップクラスの人気を誇り、世界でも稀に見る兄弟ユーチューバーで成り上がりを見せた弟ヒカキン(HIKAKIN)氏と兄セイキン(SEIKIN)氏。
今回、兄のセイキン氏が所有するランボルギーニ「アヴェンタドールS(Lamborghini Aventador S)」を用いて”世界初”と思われる車中泊を行ってみた!という検証動画を公開しています。

スーパーカー好きの方にとっては憧れの企画?だと思われる今回のランボルギーニ車中泊。
食事やゲーム、睡眠の時間を車内で過ごすことになりますが、そもそも狭い空間で一夜を過ごすことができるのか?という点も見ていきましょう。

スポンサーリンク

~車中泊開始前から不安しかないヒカキン氏~

まずは車中泊広場へと移動するヒカキン氏とセイキン氏。
早速動画の始まりから、「地獄の一夜を過ごしそう」と不安でいっぱいとなるヒカキン氏。

高速道で移動を試みるも、この日はETCカードを忘れてしまうという凡ミスで、一般レーンを通行することになりますが、早くもスーパーカー独自の洗礼を浴びることに。
あまりにも車高が低すぎることと、サイドウィンドウが小さすぎることにより、通行券を取るのにも一苦労。
おまけに左ハンドルで、通行券は右ハンドル側からとなるため、このように助手席のヒカキン氏がとることに。

セイキン氏はこれまで、トヨタ新型「アルファード(Toyota ALPHARD)」での車中泊を経験済みですが、ヒカキン氏は今回が人生初の車中泊。
しかも、その初めての車中泊がランボルギーニ「アヴェンタドールS」ですからね。
こんなことは誰も経験できないことだと思います。

~今回も車中泊施設を利用するキャラバンパーク所沢さん~

そして今回は、前回の「アルファード」車中泊で利用したRVパーク キャラバンパーク所沢さんに到着します。

ちなみにこちら、有料車中泊施設ということで、車上荒らしなどの心配もない人気の施設とのこと。
車中泊を体感するための車両サンプルも設置していますし、お風呂や焚火カフェ、BBQスペースなども全て完備しているようですね。

ドライバにはうれしいノンアルコールビールなども準備。
こういった気遣いもあるのはうれしいですね。

~昼食タイムからダイナミックにやらかしてくれるヒカキン氏~

まずは昼食タイム。
ヒカキン氏が沸騰したお湯をカップ麺に注ごうとするも、上の通り豪快にこぼすという失態に。
いつまでも動画映えを忘れないナチュラルパフォーマンスは見てて最高。

昼食は「アヴェンタドールS」の車内にて。
外気温は3度ということで、エンジンもかけずにガタガタと震えながらカップ麺をすすります。
車内の熱気でサイドミラーも完全に曇っていますね。

その後は有料施設内にあるアトラクションで時間潰し。
こういったゴーカートチックなものも準備されているようですし、子供も大人も楽しめる内容になっています。

続いてはおやつの時間。
マシュマロを焚火であぶって食べるスタイルですね。
兄弟で楽しみながら見る映像も見ていて微笑ましいです。

しばらくして今度は夕食。
さすがにBBQを「アヴェンタドールS」の車内ではできないので、このようにBBQエリアを使って楽しみます。

この後は「アヴェンタドールS」の車内で”世界初?”のゲームプレイ。
ある意味この映像も貴重ではないかと思いますね。

~緊張のランボルギーニ車中泊。一体どうなる?~

そしてようやく訪れた車中泊タイム。
エンジンをかけることもできず、分厚い毛布をかぶって就寝。

ようやく朝を迎えます。
意外にも休むことはできたようですが、ちょっと表情はきつそう?

その後すぐに朝食に。
「アヴェンタドールS」の車内で納豆…これもある意味世界初ではないかと思いますね。
さすがヒカキン氏。やることが違います。

~ランボルギーニ車中泊はスーパーカー買うとき以上に勇気と覚悟がいるかもしれない~

ようやく地獄の車中泊が終了。
車中泊後のヒカキン氏の表情を見ればこの通り。ある意味こういったことは二度とできないことだとは思いますが、国内トップユーチューバーだからこそ実現できた検証動画ではないかと思いますね。

【【世界初】ヒカキン & セイキン、真冬のランボルギーニ車中泊。【ランボルギーニ アヴェンタドール S】】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう