日産「エクストレイル」の兄貴分となる新型「パスファインダー」と「キャッシュカイ(日本名:デュアリス)」に特別仕様車”N-Trek/N-Sport”が登場!価格は約346万円から

~残念ながら日本市場での販売は無し~

先日、日産「エクストレイル」の兄貴分となるフルモデルチェンジ版・3列シートSUVの新型「パスファインダー(Nissan Pathfinder)」と思われる開発車両が目撃されていましたが、今回現行モデルとしては最後と考えられる特別仕様車「パスファインダー”N-Trek Edition”」と、新型「キャッシュカイ(日本名:デュアリス)”N-Sport Edition”」が世界初公開され、オーストラリア市場限定にて販売されることが明らかになりました。

スポンサーリンク

~まずは「パスファインダー」の特別仕様車を見ていこう~

早速特別仕様車をチェックしていきましょう。
まず「パスファインダー”N-Trek Edition”」ですが、こちらはST+/ST-Lグレードの何れかから選択が可能で、駆動方式は前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)の2種類をラインナップ。
価格帯としては、ST+ベースであれば約346万円から、ST-Lグレードであれば約448万円からの販売となります。

外観については、ブラックのグリルバッジやリヤナンバープレートトリム、リヤディフューザー、フレアフェンダー、ドアハンドル、サイドミラーケーシング、ルーフレールを標準装備。

足元には、フロント・リヤ共通の255タイヤと18インチの大口径アルミホイールを装着しています。
ボディカラーは、アイボリーパールとダイヤモンドブラック、ガンメタリック、カスピアンブルーの何れかから選択が可能となっています。

インテリアは、非常にシンプルなブラックのファブリックと合成皮革のコンビシートを採用していますね。
安全装備については、前方衝突警告付き緊急ブレーキやブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、インテリジェントクルーズコントロールを標準装備。

パワートレインは、排気量3.5L V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力275ps/最大トルク340Nmを発揮します。

~「キャッシュカイ」の特別仕様車も見ていこう~

続いては「キャッシュカイ”N-Sport Edition”」を見ていきましょう。
コチラは限定600台に限定されているとのことで、ST-Lグレードをベースに約258万円からにて販売されます。

外観の主な変更点としては、マットシルバーのアクセントが追加され、更にはシルバー仕上げのサイドミラーケーシング、スポーティな19インチの大口径アルミホイールを標準装備します。

よ~く見てみると、ルーフレールはシルバーにペイントされていますが、これはこれで結構アクティブで良い感じ。

インテリアについても、「パスファインダー”N-Trek Edition”」同様にブラックのシートを採用しており、シートマテリアルはファブリックと合成皮革のコンビタイプだと予想されます。
パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力144ps/最大トルク200Nmを発揮。
トランスミッションはCVTのみを搭載しています。

☆★☆「パスファインダー/キャッシュカイ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう