リバティーウォークがフェラーリ「458イタリア」ベースの過激ワイドボディキットを公開。ゴリゴリのシャコタン&ワイドフェンダーで顔つきは「488GTB」風

~どんどん加速するリバティーウォークの過激ワイドボディキット~

日本を代表する過激チューナーでお馴染みリバティーウォーク(Liberty Walk)が、フェラーリ「458イタリア」をベースとした過激ワイドボディキット「LB★シルエットWORKS FERRARI 458 GTB JAPAN」を公開しました。

今回公開されている個体は、リバティーウォークの公式ホームページでは販売されていない特別なワンオフキットだと思われ、オレンジの過激なボディカラーに加えてフロントフードやフロントスポイラー、ウィングレットなどはカーボンファイバにて仕上げられています。

更にフロントフェイスは、「458イタリア」の後継モデルとなる「488GTB」風にすることで印象を大きく変え、マイルドな表情からアグレッシブさを強調させています。

スポンサーリンク

~細かく見れば見るほどの複雑さが顕著に表れる~

フロントフードの形状はかなり個性的。
「エンツォ・フェラーリ」のようなノーズが突き出たような形状を採用し、凹凸やダクトを設けることで立体感を演出しています。

こちらはゴリゴリのワイドフェンダー。
外付けリベット止めではなく、フロントバンパー等と一体型にすることでスマートになりナチュラルな外観に。
足回りもガッツリと落とし込まれ、良い感じでタイヤがフェンダーで被さっていますね。

こちらはリヤデザイン。
固定式の巨大リヤウィングを装着し、カーボンファイバ製リヤディフューザーも装着しています。
なおこのワイドボディキットに関する価格帯は明らかにされていませんが、おそらく約660万円~約880万円になるのではないかと予想されています。

~戦闘機ルックの「458イタリア」も!~

そしてこちらは、より戦闘機チックに進化した「458イタリア」専用ワイドボディキット。
フロントエンドは「ラ・フェラーリ」風に仕上げられ、しかしフロントカナードなどを装着したことでレーシングカーの「FXX-K」風の雰囲気も追加した特殊な一台。

先ほどのオレンジの「LB★シルエットWORKS FERRARI 458 GTB JAPAN」とは一風異なる雰囲気を持ちますが、こちらも外付けリベット止めのオーバーフェンダーではなく、ナチュラルな一体式のワイドフェンダーを採用。

足回りもガッツリと落とし込まれたゴリゴリのシャコタン仕様。
いつものことながら、こうした族車仕様を貫くところはリバティーウォークの凄いところでもありますね。

☆★☆リバティーウォーク関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう