遂に来た!全く偽装されていないフルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8 R」の開発車両が登場!フロントフェイスは超アグレッシブなランボルギーニ風?

~もはやリークレベルと言っても良いぐらいに新型「ゴルフ8 R」のフロントマスクが明らかに~

これまで数多くの派生版と思われる開発車両が目撃されてきたフォルクスワーゲンのフルモデルチェンジ版・新型「ゴルフ8シリーズ(Volkswagen Golf 8)」。
今回遂に、シリーズ最高となるハードコアモデル・新型「ゴルフ8 R」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、極寒地でのウィンターテスト走行をおこなっているものと考えられ、加えて外観には全く偽装が施されていない”リーク”レベル。
既にエンジンスペックのリーク資料が公開された際に、フロントエアインテーク周りのデザインも明らかになっていたのですが、予想以上にアグレッシブで、確かにランボルギーニっぽいデザインを取り入れているようにも感じますね。

スポンサーリンク

~インテーク周りのデザインはランボルギーニ風~

改めてフロントデザインを見ていくと、「ゴルフ8/ゴルフ8 GTI/ゴルフGTE」等に比べてかなりダイナミック感が加味されて迫力ある顔つきに進化。
更に大口化されたエアインテークに加えて、左ウィンカーがフロントヘッドライト上部にて点滅(流れている?)しているのが確認できます。
この辺りは豆球式ではなく、しっかりとLEDウィンカーになっていますね。

サイドから見てみるとこんな感じ。
車高がすんごい低いこと。
おそらくテスト走行用にサスペンション調整が施されているのだと思いますが、ホイールハウスのクリアランスがほぼほぼ見えないレベルでローダウンされているのがわかります。

そしてフロントのブレーキディスクがとんでもなく巨大なこと…複数の小さな穴が開いているのも確認できます。
ブルーのブレーキキャリパもクールに決まっていますね。

~リヤデザインもかなりアグレッシブ!~

こちらはリヤプロファイル。
給油口は助手席側(右側)に設けられていますね。
そしてシャークフィンアンテナが、なぜブラックにペイントされているという不思議。このあたりはコストカットでしょうか?
フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(Honda New FIT4)」も、シャークフィンアンテナがブラックに塗装されているので、この辺りは何かしらの理由があるのだと思いますね。

そしてこちらがリヤデザイン。
リヤディフューザーは非常に大きく、マフラーも大口径タイプの両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストシステムを採用。
フロントだけでなくリヤもかなりアグレッシブでスポーティに仕上がっていますね。

~インテリアやパワートレイン、デビュー時期は?~

インテリアデザインは公開されていませんが、おそらく新型「ゴルフ8」と同様にデュアルディスプレイダッシュボードとスポーツステアリングホイールが装備されていると予想。
オプションには、スポーツシートやバケットシート、カーボンファイバ、アルミニウムインサート、アルカンターラトリムといった上位グレードならでは軽量素材も準備されていると考えられますね。

パワートレインについては、以前のリーク画像より排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力333psを発揮することが明らかになっています。
トランスミッションは、DSGデュアルクラッチオートマチックトランスミッションと4Motion AWDシステムが標準装備されるとのこと。

なおこのモデルは、7月のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてデビューする予定となっています。

☆★☆「ゴルフ8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう