これを待ってた!フォルクスワーゲン新型「アルテオン・シューティンブレーク」の開発車両が遂に登場!メルセデスベンツ「CLAシューティングブレーク」と直接対決か?!

~遂に欧州市場などにも投入されるであろう「アルテオン・シューティングブレーク」の開発車両が登場~

フォルクスワーゲンのフラッグシップモデルとなる「アルテオン(Volkswagen Arteon)」をベースにしたシューティングブレークスタイル・新型「アルテオン・シューティンブレーク(Arteon Shooting Brake)」の開発車両が目撃されています。

既に中国市場では、中国の合弁企業であるFAWとの共同開発により誕生した「CCトラベル・エディション(CC Travel Edition)」が完全リークしていましたが、おそらくこのスタイリングに近い一台になることが予想されます。

スポンサーリンク

~セダン/ファストバックとは異なりフロントデザインは割かし控えめ?~

早速開発車両をチェックしていくと、フロントマスクはほぼほぼ現行「アルテオン」と変わらないフロントグリルを採用し、フロントヘッドライトやデイタイムランニングライトも、それぞれ二眼式LED/L字型と従来のデザインを上手く流用しているのがわかります。

ただ、フロントインテーク周りはピアノブラック調のコの字型フレームではなく、特にグリル等も無いシンプルなデザインとなっていますね。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
非常にロングなシューティングブレークスタイルで、トップルーフからリヤハッチにかけて徐々に下っていくファストバック風にも見える美しさを持っています。
このあたりのスタイリングは、メルセデスベンツ新型「CLAクラス」を意識したデザインになっていると思います。

こちらはリヤプロファイル。
少しわかりにくいですが、ルーフにはコンパクトなシャークフィンアンテナが設けられ、ルーフスポイラーもかなり控えめ。
リヤテールランプは、特に偽装もなくそのまんまといった感じですが、スクエア型でワイドなハウジングを採用しています。

よ~く見てみると、フロント・リヤフェンダーにはプラスチックのプロテクタパーツを装着していることが確認できますね。
車高も少しリフトアップしていますし、オフロードチックな側面も持つ一台になると思われます。

~パワートレインは大きく3種類がラインナップされる?~

気になるパワートレインについてですが、中国市場にて販売される「CCトラベル・エディション」は、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力186ps/最大トルク320Nmを発揮。
そして今回目撃されている個体は、欧州市場などに投入されるモデルとなることが予想され、エンジンは同じながらも最高出力220ps/最大トルク350Nmへとスペックアップすると言われています。
トランスミッションは7速ATのみ、駆動方式は四輪駆動(AWD)のみがラインナップされるとのこと。

なお、上記のパワートレインも含め、排気量1.5L/2.0LのTSIガソリンエンジンや、排気量2.0Lディーゼルエンジンといった3種類がラインナップされると予想でき、アメリカ市場や日本市場での導入も期待できる一台ではないかと思います。

☆★☆「アルテオン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう