えっ?ダッジ「バイパー」がリヤミドシップに変化した?フルモデルチェンジ版・シボレー「コルベットC8」とのコラボも実現

~レンダリングと言えども、いずれは市販化されてもおかしくないデザイン~

アメリカを代表する大排気量マッスルカーのダッジ「バイパー(Dodge Viper)」。
ブガッティ「シロン(Bugatti Chiron)」よりもダイナミックな排気量8.4L V型10気筒OHVエンジンをフロントに搭載し、更に駆動方式は後輪駆動(FR)というクレイジーすぎる個体でもあります。
そんなモデルをリヤミドシップに搭載したら?というイメージレンダリングが公開されています。

スポンサーリンク

~よ~く見てみるとリヤエンジンフードはオープンできない?~

既に生産終了している「バイパー」ですが、おそらくはシボレーのフルモデルチェンジ版・新型ミドシップスーパースポーツ「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」に倣うリヤミドシップモデルをイメージしていると思いますが、ここまでダイナミックなリヤエンジンガラスフードを採用し、クロスバーや大排気量エンジンが丸々見えるところは、かなり思い切った感がありますね。

このレイアウト凄いな…駆動方式は変わらずの後輪駆動(MR)だと思いますが、フロントミドシップファンとしてはちょっと複雑な一台かもしれません(新型「コルベットC8」も賛否両論は多かった)。

サイドから見てみるとこんな感じ。
フロントフードのうねり方が中々にエグイですね…一番上の画像にあったはずのダクトが設けられていませんが、もしかしたら次世代ミドシップスーパースポーツとして登場すれば、ここまで複雑なスタイリングとなるかもしれませんね。

~新型「コルベットC8」ともコラボしてみた~

そして新型「コルベットC8」とのコラボも実現。
どちらも個性的なフロントマスクを持ちますが、こうして比較してみるとやっぱり新型「コルベットC8」のデザインの方が好みかも…
それにしても、アメ車もかなり印象が変わりましたね。

なお、新型「バイパー」に搭載されているエンジンについてですが、噂によればダウンサイジング化の可能性も秘めており、排気量8.4L→6.4L V型10気筒エンジン+電気モータを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載するかもしれないとのことで、システム総出力は645hp以上を発揮するとのこと。

☆★☆「バイパー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう