何コレ凄い!マツダ「RX-7」をゴリゴリのシャコタン&オーバーフェンダー&族車仕様に改造してみた。リヤデザインがランボルギーニ「アヴェンタドール」風の「RX-7」も

~2020年もゴリゴリシャコタンは健在のようだ~

2020年も何かとトレンドとして挙げられているシャコタン&ワイドボディのカスタムレンダリングですが、今回もマツダの旧型ロータリースポーツモデル「RX-7」に過激ワイドボディキットを装着し、シャコタン&オーバーフェンダーの族車仕様に仕上げたレンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストでお馴染みKhyzyl Saleem氏で、エアロ関係はモータースポーツの世界からインスピレーションを受けてデザインしているとのことで、今にもフロントがもげそうなほどに低すぎるフロントエプロンや、純正バンパーならハミタイ上等と言わんばかりの出っ張りとキャンバー角を設けたゴリゴリ仕様に改造されていますね。

スポンサーリンク

~ただ単純にワイドボディ化しただけでなく、根本から変更を加えているようにも見える~

この角度から見ると、フロントノーズの張り出しが中々にエグイこと…これで一般道や高速道路を走行するのはかなりリスクありそうですね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤハッチ部分はブッタ切ってる感があり、どことなくピックアップトラック風にも見えますがそれに加えてリヤテールランプレスだったり、マフラーがセンター2本出しだったりと色々と突っ込みどころが満載。

~ランボルギーニ感満載のマツダ「RX-7」も公開!~

こちらもマツダ「RX-7」をベースにしたワイドボディキット&スーパーカー風のカスタムレンダリング。
リヤテールを見るからにランボルギーニ「アヴェンタドール(Lamborghini Aventador)」のY字型テールランプを移植し、更にリヤウィングもレーシングカーのようなシャークフィン形状を加味したエクストリームデザインに仕上げられていますが、かなりやり過ぎと言わんばかりの改造が施されていますね。

もちろん、ワイドボディキットを装着したことにより足回りも過激なオーバーフェンダーが装着され、車高調のインストールによりガッツリとローダウンを施したシャコタン仕様に。
リヤフェンダーは、後輪のタイヤが完全に露出するほどの過激仕様ですが、この辺りは「マクラーレン・セナ(McLaren Senna)」からインスピレーションを受けたものだそう。

実用性は全くありませんが、公道を走行していたら注目を受ける一台であることは間違いないでしょうね。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう