三菱「アウトランダー(PHEV)/デリカD:5」に6万台超えの大量リコール。エンストしたりナビの製造工程が不適切で薬液が残留している恐れアリ?!

~ナビゲーションディスプレイのIC内部が断線する恐れも~

三菱「アウトランダー(PHEV)/デリカD:5」の3車種・計3,750台にリコール。

リコールの内容としては、メーカー装着のナビゲーションシステムにおいて、液晶画面の電源用ICの製造工程での作業が不適切なため、通常使用しない薬液が残留しているものがあるとのこと。
そのため、使用過程でIC内部が断線し、液晶画面へ電源が供給されなくなり、直前直左確認用のカメラ映像が表示されず、保安基準第44条(後写鏡等の基準)に適合しなくなるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は無いものの、既に12の不具合が発生しており、市場からの情報により明らかになったそうです。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[アウトランダーPHEV]
・DLA-GG2W/GG2W-0001811~GG2W-0006352/平成25年2月11日~平成25年10月16日/2,546台

・DLA-GG2W/GG2W-0000652~GG2W-0103752/平成25年1月28日~平成26年9月24日/33台

[アウトランダー]
・DBA-GF7W/GF7W-0000598~GF7W-0000613/平成25年6月19日~平成25年7月19日/5台

・DBA-GF8W/GF8W-0004476~GF8W-0004802/平成25年5月8日~平成25年10月11日/106台

・DBA-GF8W/GF8W-0002453/平成24年11月30日/1台

[デリカ]
・LDA-CV1W/CV1W-0902825~CV1W-0906916/平成25年2月11日~平成25年10月17日/762台

・DBA-CV2W/CV2W-0900232~CV2W-0901637/平成25年2月16日~平成25年10月17日/47台

・DBA-CV5W/CV5W-0900269~CV5W-0901921/平成25年2月13日~平成25年10月18日/242台

・LDA-CV1W/CV1W-0901149~CV1W-0906423/平成25年1月11日~平成25年9月21日/7台

・DBA-CV5W/CV5W-0900191/平成25年1月28日/1台

改善措置としては、全車両、ナビゲーションシステムのシリアルナンバーを確認し対象のものはナビゲーションシステムを良品と交換するリコール作業を実施するとのことです。

スポンサーリンク

~最悪の場合、エンストする恐れも~

続いては、三菱「デリカD:5」1種類のみ・計58,297台の大量リコール。

リコール内容としては、エンジンECUにおいて、燃料タンク内の燃料ポンプの制御プログラムが不適切なため、燃料残量が少ない場合に燃料ポンプが空気を吸い込むことがあるとのこと。
そのため、燃料がエンジンに供給される過程で空気が圧縮され高温になることで炭化物が生成され、フューエルインジェクター内部に堆積し、当該インジェクターが作動不良となり、最悪の場合、エンストに至るおそれがあるとしてリコールを発令しています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は無いものの、既に136の不具合が発生しており、市場からの情報により明らかになったそうです。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[デリカ]
・LDA-CV1W/CV1W-0900101~CV1W-1308081/平成24年12月18日~平成31年1月7日/58,297台

改善措置としては、以下の3つの方法にてリコール作業を実施するとのことです。

  1. エンジンECUの制御プログラムを対策仕様に書き替える。
  2. 車台番号を確認し、フューエルインジェクターが対策前の車両はフューエルインジェクターを対策品と交換する。
  3. 車台番号を確認し、取扱説明書、メンテナンスノートで、フューエルインジェクタークリーナーの定期注入指示がある車両は、その指示を廃止する。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

Reference:国土交通省①国土交通省②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう