遂に動いたか…フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」にサービスキャンペーンという名のリコール。これでエンジン始動不具合も解消か?

~時間はかなり経過しているが、ようやくダイハツもサービスキャンペーンという名目で無償修理対応をしてくれるようだ~

さて、以前より当ブログでも度々ご紹介してきたダイハツのフルモデルチェンジ版・新型「タント/タント・カスタム」のエンジンが始動しないという不具合について。
当ブログでも大きく取り上げたことが影響したのかはわからないものの、ダイハツが公式にてサービスキャンペーンを実施することを発表しました。

この問題は、私の母親用に購入していた新型「タント・カスタム」においても同様のことが発生しており、「これはさすがにおかしい」ということで最寄りのダイハツ・ディーラにて診ていただいたところ、「エンジンのコンピュータ関連を再設定させていただいた」という情報以外は何も教えてもらずだったのですが、この問題について自動車情報誌マガジンXさんが既に調査を行っており、以下のような不具合であったことを報告されています(以下の文はダイハツ広報の回答)。

当社は、品質向上活動の一環として、市場からお客様の声を収集しており、日々の品質改善活動に有効活用しています。今回ご指摘の新型タントで一時的にエンジンが始動しなくなる不具合についても、すでに市場から情報を入手しており、生産者の改善のみならず、お客様からのお申し出にタイムリーに対応できるよう改善プログラムを用意しています。お申し出に基づき、当社の故障診断機を用いてプログラムの書き換えが可能ですが、その過程において、ご心配のスマートアシストのカメラ調整等の作業は必要ありません。

不具合の原因は、エンジン始動時に特定のタイミングで偶発的に電気的ノイズが重なった場合、イモビライザーの通信が停止してしまい、一時的に始動できなくなるというものです。

現在のところ、不具合の発生が極めて限定的であることから、市場措置を注視しています。

via:マガジンX

スポンサーリンク

~対象台数はおそらく3万台こえ、早速対象モデルをチェックしていこう~

ちなみにダイハツは、今回の問題についてプッシュスタート付車において、イモビライザ制御プログラムが不適切なため、エンジン始動時の電気ノイズによってイモビライザ認証が正常に終了しないことがあり、一時的にエンジンが始動できなくなるおそれがあるとするも、一定時間経過後は、始動可能となりますと説明しています。

なお、対象となるモデルは以下の通り、私の「タント・カスタム」ももちろんサービスキャンペーンの対象となっています。

・5BA-LA650S、6BA-LA650S/LA650S-0000097~LA650S-0027728/令和元年6月24日~令和元年8月29日

・5BA-LA660S、6BA-LA660S/LA660S-0000078~LA660S-0005736/令和元年6月24日~令和元年8月29日

対策措置としては、全車両、イモビライザ制御プログラムを対策プログラムに変更するとのことですが、なかには対象とならないモデルもあるとのことなので、この辺りは一度最寄りのディーラにてチェックしていただく必要があるかと思いますね。

☆★☆新型「タント」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Daihatsu

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう