【悲報】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」が納期遅れ確定に。中国・コロナウィルスの絡みで一部部品の調達が大幅に遅れる模様で納期回答は「未定」

~電動パーキングブレーキの不具合に続き、またも恐れていたことが…~

本日2月13日より発表、14日に発売スタートとなるホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda New FIT4)」。
私も2019年12月中旬に先行予約を完了し、2月中旬ごろに納車することがほぼほぼ確定していたのですが、非常に残念なことに本日13日の発表日に合わせて、正式に納期が遅れることが決定しました(本日ディーラより連絡を頂きました)。

とはいえ、新型「フィット4」全てのグレードが納期遅れとなるわけではなく、一部のグレードのみが大幅に遅れるとのこと。
その対象グレードというのが、何と最上位グレードLUXE(リュクス)(ガソリンモデルとハイブリッド(e:HEV)モデルの両方)で、「アームレスト付センターコンソールボックス+ワイヤレス充電器」のメーカオプションを選択しているモデルのみが対象になります。

・・・まさかの私がオーダーしたグレードがヒットしてしまいました。っというか限定的過ぎるわ!

上記のグレード以外となる「BASIC(ベーシック)/HOME(ホーム)/NESS(ネス)/CROSSTAR(クロスター)」、そしてLUXE(リュクス)「アームレスト付センターコンソールボックス+ワイヤレス充電器」のメーカオプションを選択していないモデルは、従来通り納期遅れもなく当初のスケジュール通り納車されるとのこと。

スポンサーリンク

~なぜ納期遅れが生じてしまったのか?~

なお納期遅れが生じた原因としては、中国コロナウィルスによる部品調達の遅れということで、中国製となる”ワイヤレス充電器”用のパーツ調達が遅れてしまっているとのことでした。
そのため、発表日となる2月13日現在の時点では、正式な納期回答はなく、いつ納車されるのかが全くわからない状態にあります。

このモデル以外にも、「ヴェゼル」の4WDモデルや「インサイト」の全グレード、そして「オデッセイ」も納期遅れの対象になっているため、「フィット4」だけの問題ではなくなっているのですね。

こればっかりはホンダ・ディーラーを責めることも、ホンダという自動車メーカを一切責めることはできないため、悔しいですが我慢するしかありません(ディーラーもメーカーも被害者ですからね)。
折角予定していたスケジュールのほとんどが崩れてしまい非常に残念ではありますが、納期回答が全く不明な今、ひたすら待つしかありません。

~2月13日時点で納期は「未定」~

対象モデルについてですが、もしかしたら3月以降にずれ込む恐れもあるとのこと。
電動パーキングブレーキの絡みもありましたし、これ以上のトラブルは起きたくなかったのがホンダの想いだったと思います。
今回世界的に問題となっているコロナウィルスが原因となってしまった以上、納期遅れの対象となった皆さんも非常に残念に思っていると思います。

なお、現時点での情報は以上となりますが、また新たな情報が入り次第、すぐに当ブログにて展開していきたいと思いますので、新型「フィット4(FIT4)」を検討されている方は、定期的なチェックをよろしくお願いいたします。

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう