レクサスディーラー「キャデラック・エスカレードのような大型SUVを求めている」→「LX」よりも更にビッグサイズのSUVが登場する?

~レクサスはSUV市場に焦点を当てたSUVモデルをどんどんラインナップするかもしれない~

レクサスといえば、エントリークロスオーバー「UX」を筆頭に、「NX/RX/GX/LX」といった様々なサイズのSUVをラインナップしていますが、高級感やファッション性の高いSUVモデルだけでなく、実用性とグローバルモデルとして特化した大型SUVを必要としていることが明らかとなりました。

オートモーティブニュースのインタビューにて、北米レクサスブランドディーラ評議会議長のポール・ラロシェル氏によると、キャデラック「エスカレード」のような高級大型SUVを競合とするようなモデルを必要としているそうで、顧客もそういったモデルのラインナップを待ち望んでいるとのこと。
道幅も広い北米市場では、全長や車幅が圧倒的にビッグサイズのSUVモデルが人気だそうで、「LX」よりも更に大型となるモデルが求められているそうです。

スポンサーリンク

~大型SUVよりも更なるハイパフォーマンスSUVモデルも販売を予定している~

しかも同氏によれば、北米市場ではフラッグシップSUV「LX」はあまりにも古過ぎるとして、このモデルよりも更に大型化し、全く新しいデザイン性や先進性、そしてレクサスのラインナップモデルを追加することで(選択肢をもっと広げていくことを目的に)、北米市場を更に盛り上げることができるとコメントしているそうです。

なお、過去に海外の自動車ニュースサイトAutomotive Newsと同氏とのやり取りにて、レクサスのSUVラインナップは、他の競合メーカとなるBMW/メルセデスベンツ/アウディよりもかなり遅れているとのことで、より競争力の高いモデルとしては少なくとも7人乗り~8人乗りの新たなサイズのクロスオーバー/SUVを追加する予定であると説明。

7人乗り~8人乗りのSUVモデルとなると、既存モデルであれば「LX/GX/RX」がラインナップされますが、おそらくは「GX/RX」の中間的なモデルになるのではないかと考えており、更には以前より噂されているランボルギーニ「ウルス」やアストンマーティン「DBX」、ベントレー「ベンテイガ」等を競合視したハイパフォーマンスSUV「LQ」が登場する可能性もあるとして、レクサスがどういったコンセプトを計画しているのかは非常に気になるところですね。

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう