何コレ凄い!フェラーリ「488ピスタ」ならぬ「488パスタ」が公開。もはや食品の芸術、その他にもどんな「488ピスタ」が納車されているか見てみよう

~まさか「488パスタ」が公開されるとは…~

フェラーリのスペチアーレモデルとなる「488ピスタ(Ferrari 488 Pista)」。
「488GTB」をベースにしたハイパフォーマンスモデルということで、パワートレインは排気量3.9L  V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720psを発揮。更には空力特性に特化したボディを採用することで、加速性能だけでなくコーナリング性能も大きく向上している非常に人気の高い一台となっています。

そんな過激且つ美しいハイパフォーマンスモデルですが、なぜかこのモデルをパスタにて仕上げた「488ピスタ」ならぬ「488パスタ?」が登場。
一体どのようにして作り上げたのかはわからないものの(CGの可能性も?)、かなり完成度が高く、特に空力を意識したフロンバンパーやフロントヘッドライト、そしてボディを立体的に見せるために一部焦げ目をつけている等、隠れた工夫が施されていることが確認できます(純粋に凄いの一言)。

あとは麺の特徴を大きく活用したフェンダーやホイールデザインも見事で、食べるのがあまりにも勿体ない程。そのまま乾燥させて飾っておきたいと思えるほどの力作ではないかと思いますね。

スポンサーリンク

~ここからは世界で納車されている本物の「488ピスタ」をまとめて見ていこう~

ここからは世界各地にて納車されている「488ピスタ」を見ていきましょう。
まずはポーランドにて納車されたホワイトのボディカラーにイエローのダブルセンターストライプが加味された「488ピスタ」。
イエローのボディカラーにホワイトのセンターストライプは見たことがありましたが、今回のパターンはちょっと今までに見たことのないような組み合わせですね。

足元のイエローキャリパーやブラックの鍛造ホイールとの相性も抜群で、おそらく日本では見ることのできない組み合わせだと思います。

こちらはスイス・チューリッヒにて納車されたブルーのボディカラーにイタリアントリコローレのセンターストライプが入った「488ピスタ」。
ちなみにトリコローレストライプの下には、ブラックの大きなストライプが加味されているため、厳密には4色のストライプが入っていることになりますが、こちらの個体もかなり珍しい組み合わせではないかと思いますね。

こちらはドイツ・ベルリンにて納車された「488ピスタ」。
撮影ポイントにもよると思いますが、キャンディレッドやワインレッドのようにも見えるセクシーなボディカラーに、ブラックのダブルセンターストライプが何とも印象的ですね。

最後もスイス・チューリッヒにて納車された「488ピスタ」。
こちらはレッド系のボディカラーにセンターストライプレスという何とも珍しい一台。
ストライプが無いだけでここまで印象が変わるんですね。より一層威圧感が増したようにも見えます。

☆★☆「488ピスタ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう