マイナーチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ティグアン」の開発車両が登場!ウィンカーは前後流れるタイプ?マフラー4本出し、キャリパーは新型「ゴルフ8 R」同様ブルーに

~意外とスタンダードモデルとはそこまで大きな変化はない?~

以前、フォルクスワーゲンのマイナーチェンジ版・新型「ティグアン(Volkswagen Tiguan)」と思われるプロトタイプモデルが偽装一切無しの状態にて目撃されていましたが、今回トップグレードモデルとなる新型「ティグアンR」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている新型「ティグアンR」の開発車両を見ていくと、フロントエンドやインテーク周りはスタンダードタイプと特に変わらずですが、インテークフレームはクローム調のアクセントではなく、グロスブラックペイント処理にて引き締まった顔つきに進化していますね。

スポンサーリンク

~ウィンカーはやはり前後流れるシーケンシャルを採用か~

更にフロントヘッドライトも見ていくと、LEDデイタイムランニングライトはダブルU字タイプとなり、更にヘッドライトはLEDの二眼タイプ、そして開発車両では左折中のウィンカーが点滅しているようにも見えますが、光り方を見ると流れるタイプのシーケンシャルウィンカーにも見えますね。

ちなみにリヤデザインも同様で、左折時のウィンカーがLEDの細いシームレスタイプになっていますが、これもおそらく流れるタイプのシーケンシャルウィンカーを採用しているでしょうね。
そしてリヤディフューザーはブラックペイント処理され、マフラーは両サイド2本出しのクワッドタイプをインストール。
この辺りは新型「ゴルフ8 R(Golf 8 R)」と同じレイアウトを採用しています。

~ブレーキキャリパは新型「ゴルフ8 R」同様にブルー~

サイドから見てみるとこんな感じ。
サイドシルエットは現行と特に変わらないものの、足元のアルミホイールは大口径タイプを装着し、更にブレーキキャリパはブルーを装着しているのがわかります。
ブルーのブレーキキャリパといえば、先日目撃された新型「ゴルフ8 R」の開発車両にも装着されていたため、もしかすると今後のRグレードではブルーが標準装備となるのかもしれませんね。

パワートレインについては何も明らかになっていませんが、噂ではより厳密なWLTP排出規制に準拠した排気量2.0L 直列4気筒TSIエンジンを搭載するとの情報はあるものの、最高出力は300hp以上を発揮するかもしれないとのこと。
駆動方式は4Motionの四輪駆動システムを採用し、DSGトランスミッションを搭載すると言われています。

☆★☆「ティグアン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう