激渋グリーンのフェラーリ「F40」をシャコタン&オーバーフェンダー&リヤウィングレスにしてみた。リヤテールランプも近未来風でもはや別の乗り物に?

~今何かと話題の「F40」をモチーフにした過激レンダリングが公開~

フェラーリのスペチアーレモデルとなる「F40」に、ゴリゴリのワイドボディキットを採用することに加え、シャコタン&キャンバー角を設けた族車風、更にはリヤウィングレスで謎のシャークフィンを装着したら?という一風変わったレンダリングが公開されています。

今回レンダリングを公開しているのは、数多くのスポーツカーやスーパーカーなどのイメージレンダリングも手掛けるKhyzyl Saleem氏となりますが、最近どのレンダリングのトレンドにもなっているシャコタンは相変わらずで、しかしその迫力はとんでもなく、いつ見ても飽きないのも彼のデザインの魅力でもありますね。

早速彼のレンダリングを見ていくと、ボディカラーは何とも激渋なグリーン系のVerde Germolioに身をまとい、足回りはおそらくエアサスペンションによって車高がグッと落とされ、地面に着地したような形の堂々となる佇まいに。
イメージ的にはレーシングモデル用のボディキットを採用しているからなのか(しかしナンバーは日本仕様なので、とりあえず公道走行可能という設定)、「F40」の大きな特徴でもあるリトラクタブルヘッドライトは搭載されず、非常にコンパクトな水平基調のライトのみを搭載していますね。

スポンサーリンク

~車高を落とし込んでもカッコいいと思える「F40」~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
物凄い車高下がってますね…本当にこれで公道を走ることができるのか疑問ですが、フェンダーとホイールリムがいつ干渉してもおかしくないレベルまで落とし込んでいるのは流石。
レンダリングといえども、ここまで徹底的にやり込むのもデジタルアーティストの素晴らしいところです。

~リヤデザインにはレクサスにも採用のあのデザインも~

そしてこちらがリヤデザイン。
何かリヤテールランプが凄いことになっていますね。
Khyzyl Saleem氏によると、このリヤテールランプはレクサス「LC」等と同じ合わせ鏡によってテールランプがいくつも反射しているように見せる特殊な技術なのだそう。
先進的な技術とレトロチック且つ戦闘機チックな「F40」専用ワイドボディキットとの組み合わせも意外にマッチしています。

そしてリヤウィングレスという衝撃的なデザインですが、その代わりとして透明なプラスチックを採用した大型シャークフィンが何とも大きなインパクトを与えていますね。
これでどこまで空力特性を向上させることができるのか見てみたいところです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう