【1億円超えの可能性も!】1967年式で”左ハンドル仕様”の超希少なトヨタ「2000GT」がオークションに出品へ。走行距離わずか150km程の極上の一台

~まさか左ハンドル仕様でここまで美しい「2000GT」が出品されるとは…~

トヨタが1967年~1970年まで僅か337台のみ販売した、ヤマハ発動機との共同開発モデル「2000GT」ですが、その中で僅か62台のみ製造された海外市場向けの左ハンドル仕様が、5月1日に行われるRMサザビーズのエルクハートコレクションオークションにて出品されることが明らかとなりました。

今回のモデルでは、アメリカの有名レーサーでスーパーカー/クラシックカーコレクターでもあったオット・リントン氏が所有していたものであり、ボディカラーはこれまた希少なソーラーレッド、走行距離は僅か150kmと非常に少なく、それでいて2006年にメインラインエキゾチックと呼ばれるカーショップによってペイントレストアされた”ほぼ新品同様”の一台となっています。

スポンサーリンク

~全てが美しく、傷や汚れも全くない~

見るからに汚れなどは一切無い「2000GT」ですが、ボディ表面に全くキズも付いておらず、更にコーティングを施すことによって輝きと品質を維持。
その他のライト類やメッキパーツなどもサビや黄ばみなども全くないため、厳重な環境の中で保管されていたのだと思われます。

「2000GT」といえば、やはりこのロングノーズ・ショートデッキのスポーツカースタイルが特徴。
戦後に登場したアルファロメオ「158」やメルセデスベンツ「300SLR」をはじめ、ジャガー「Eタイプ」やフェラーリ「250GTOシリーズ」、シボレー「コルベット・スティングレイ」と同じように高性能エンジンを搭載する上で、こうした特徴的なボディが定着したのもありますが、ある意味それを日本でも深く浸透させたのは「2000GT」なのかもしれません。

~インテリアも超極上。ヤマハの技術が結集した魅力ある車内~

インテリアはこんな感じ。すんごいキレイですね…
ヤマハのピアノ部門によって作られたローズウッドのべニアダッシュボードや、マホガニーのステアリングホイール、そしてギアノブ、全てが芸術品のような仕上がり。
ブラックの本革シートも、適度なカタサでスポーツカーに丁度良いホールド感であるとのこと(国内の「2000GT」オーナーのコメントより)。

エンジンルームもきれいだなぁ…縁周りも全く汚れが付いておらず、非常に美しいソーラーレッドをキープしています。
先述にもある通り、エンジンはヤマハ製ツインカムシリンダーヘッドを備える排気量2.0L 直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力150hpを発揮。
トランスミッションは5速MTで、スリップの少ないリヤディファレンシャルを組み合わせています。

今回出品される「2000GT」ですが、予想落札価格は約7,800万円~約9,500万円となっているものの、おそらく1億円を超えてくるのではないかと思われます。

☆★☆「2000GT」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:RMSotheby’s

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう